スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

ENTRAILS/World Inferno

category - ブルータルデスメタル
2017/ 07/ 09
                 
ENTRAILS [12 inch Analog]
ENTRAILS [12 inch Analog]
posted with amazlet at 17.07.03
ENTRAILS
WORLD INFERNO (2017-06-16)
売り上げランキング: 288,274



スウェーデンのデスメタルらしい。
90年代半ばにタイムスリップしたかのような
ジャケットからしてなんとなく想像の出来る
音だったのだが、まさしくその通りの
(自分はちゃんと聴いてはいないので
断言するのは危険なのだが)
おそらく初期のENTOMBEDフォロワーのような
古き良きスウェディッシュデスメタルそのものなのだろう?

音質もどこかそれを想像させるような(?)
軽くてドライという表現がいいのだろうか?
それもどこかタイムスリップ感の一つだろう。
デスVoは(いい意味で品のない感じで)吐き捨てるタイプ。
ブラスト疾走もすることはするが
それは必要最低限に抑え、
スラッシュビートを使いながらも
ロックンロールっぽいノリがメインのサウンドで
初期のENTOMBEDが好きな人にとっては
マストバイアイテムになるのだろうか?

逆にスピード系のデスラッシュとか
ドロドロ系のUS産のブルータルデスとかを
求めている人にとってはひねりのないVoとかを含めて
退屈で面白くないサウンドに映るのかもしれない?

スラッシュビートを多用したスピーディなサウンドが大半だと
一気に聴き流せるんだが…。
中にはそういう曲だけではないのもあり…。
もともとメロディはあってないものなんだけど
より禍々しさを演出するためのメロディは多少あったりする
ただ、#3などは結構露骨にメロディックなところがあり、
それはそれでなかなか面白い。


01. World Inferno
02. Condemned to the Grave
03. Serial Murder (Death Squad)
04. The Soul Collector
05. Dead and Buried
06. Insane Slaughter
07. Into Eternal Fire
08. Suffer
09. The Hour of the Casket
10. The Blood Breed



                         
                                  
        

KARNATAKA/Delicate Flame of Desire

category - イギリス
2017/ 07/ 04
                 
Delicate Flame of Desire
Delicate Flame of Desire
posted with amazlet at 17.07.01
Karnataka
Immramma UK (2003-01-01)
売り上げランキング: 240,546



イギリスのシンフォニックロック、3作目らしい。
派手で壮大なシンセとフルートによるインストから始まる。

幻想的な雰囲気のハープを始め、フルートや
アコギ、パーカッションとかも入るものの
あまりケルティック系の音は抑えて
どちらかというとこのアルバムでは
ネオプログレ的なシンセをはじめとして
テクニカルではないが
非常に耳を惹くメロウなギターワーク、
やさしげな女性Voがそこに乗っかり
サビではコーラスが包み込むといった感じの
明るいメロディに乗せた
繊細かつ品のいい大人のサウンドというべきか…?


続きはこちらから




                         
                                  
        

必殺仕切人 もしもお江戸にピラミッドがあったら

category - 時代劇鑑賞
2017/ 07/ 01
                 
必殺仕切人 DVD-BOX
必殺仕切人 DVD-BOX
posted with amazlet at 17.06.30
キングレコード (2009-10-07)
売り上げランキング: 82,861



非主水シリーズの中では
(個人的には)一番好きでない必殺仕切人。
本来は必殺仕事人に出ていた
中条きよし扮する三味線屋の勇次のスピンオフ番組
(こういう表現でいいのか?)なので
メインで勇次が出ないといけないのだが
いざ蓋を開けてみると、必殺仕舞人-1(←本田博太郎)に
からくり人(←芦屋雁之助)とひしみゆり子に
山本陽一とかいう当時の人気アイドルらしい
謎の若者らがメインで新吉(小野寺昭)は
ともかく肝心の勇次が
空気になっている状態だったのが気に食わなかったのだ。

それでも畷左門(伊吹吾郎)が刀を捨てて
おでん屋の経営を始めるようになってからの
主水シリーズのあのワンパターンな内容よりも
新鮮なのでちょっと観てみようかと。


続きはこちらから


                         
                                  
        

APHASIA/Ever-lasting Blue

category - 日本 アジア 辺境
2017/ 06/ 29
                 
Ever-lasting Blue(エヴァー・ラスティング・ブルー)
aphasia アフェイジア
Bit Organization (2017-04-26)
売り上げランキング: 41,748



日本のガールズメタルバンド
(…と言いたいところだが、ベーしストは男性w)
の8年ぶりのアルバム。ミニを挟んで6枚目か?
Voは交代したようだ。

ちょっと調べてみたら
このバンド、なんでも22年の
キャリアがあるのだそうな。
95年結成のこのころってヴィジュアル系が
インディーズシーンを席巻していたころだったなぁと。
ドラムとギタリストは初期からのメンバーらしく
おそらく裏の(帯で隠れてしまっているが)
おねいさんが中心人物なのかな?


続きはこちらから



                         
                                  
        

KARFAGEN/7

category - 東欧&ロシア
2017/ 06/ 26
                 
Seven
Seven
posted with amazlet at 17.06.26
Karfagen
Imports (2015-09-18)
売り上げランキング: 534,652



ウクライナのシンフォニックロックバンド
7作目だそうでタイトルが7のよう。
でも曲数は4曲しかないのだが(苦笑)。
その辺りには特にこだわりはないようだ。

のっけから30分近くの大曲
(フツーはそのくらいの大曲は
ラストとかに持ってくるようなものなのだが…)
はレビューサイトで書かれていた通り
SF的なSEで始まるわけだが
それがひと段落すると、いわゆるネオプログレ的な
シンセをメインにピアノだの何だの
いろいろな音を出しながら、
ギターとともに美しいメロディを奏でる
ある種やさしげな雰囲気なサウンドを醸し出す。


続きはこちらから



                         
                                  
        

SERENITY IN MURDER/The Eclipse

category - 日本 アジア 辺境
2017/ 06/ 21
                 
THE ECLIPSE(ジ・エクリプス)
Serenity In Murder セレニティ・イン・マーダー
OYSTER BROTHERS RECORDS (2017-02-08)
売り上げランキング: 14,131




日本の女性デスVo擁するメロデスバンドの3rd。
AmazonでGYZEを見るとそれと似たようなバンドなのか
このバンドのこのアルバムが表示され
なかなか高い評価を得られているので気になった。
バンド名はライナー見ると略してSIMらしい。
なんか格安SIMとごっちゃになるので
急に安っぽくなってしまうし、
個人的にはあまりいい略し方じゃない(苦笑)。

壮大なインスト#1から
本編#2に繋がるあたりはまぁお約束的な感じだが
やっていることは(打ち込みだろうが)
クワイアやオーケストレーションといった
シンフォニック色の強めに
時折東洋的なフレーズを盛り込みつつも
そこに若者的なモダンなエッセンスを加えたようなもので
想像以上に完成度の高さを見せつける。
知らない人が聴くと北欧によくあるようなメロデスバンド
と勘違いしてしまうかもしれないくらい。
いや、それはそれで悪くない。


続きはこちらから



                         
                                  
        

LIONVILLE/A World Of Fools

category - メロディアスハードロック
2017/ 06/ 18
                 
ア・ワールド・オブ・フールズ
ライオンヴィル
キングレコード (2017-02-22)
売り上げランキング: 4,212
                         
                                  
        

ALPHOENIX/Final Crusades

category - エクストリームロック/メタル
2017/ 06/ 14
                 
Final Crusades (ファイナル・クルセイド)
Alphoenix (アルフィニクス)
Walkure Records (2017-04-12)
売り上げランキング: 125,480



MYPROOFの中心メンバーが集まって結成された
メロデスやらメタルコアをMIXさせたらしいバンドの
デビュー作。

メタルコアという文言があったので
拒絶反応が出てしまうのだが、
聴かず嫌いはよくないと思い
とりあえず聴いてみたのだが…。

アコギから始まり途中から
飛び出てくる音はメタルコアをベースにしながらも
メタル・メロデス寄りに複雑にした内容で
(ミックスやマスタリングがDISARMONIA MUNDIの
Ettore Rigottiというのもうなずけるのだが)
そこにメタルコアなスクリームを
なぜか日本語でわめき散らすという
(まぁゲスト参加もしているGYZEもそういう曲をやってはいるが…)
そこに日本人好みのギターフレーズが飛び出てくるという感じ。



続きはこちらから


                         
                                  
        

THE MORRIGAN/Wreckers

category - イギリス
2017/ 06/ 11
                 
イギリスのプログレバンドの1996年作で
これが何枚目になるのかは不明。
笛の音色から始まりドラムなり、フォーク・トラッド系によくある
民族楽器が入ってきて徐々に盛り上がっていくインスト
(しかしギターの音とか音量とか96年作
とは思えない程異様に古臭いのが気になる)
からスタートする。

ただのフォーク・トラッドバンドではないのが
このバンドで、そういう民族楽器による心地いい
音色を奏でながらもしっかりとひねくれたリズムを展開し
きちんとプログレをしているわけだ。

#1こそはインストだったがその後は
やや年配っぽい女性Voが(#8に関しては男性も歌うが…)
時には力強く歌い上げたり表情豊かに歌い上げる。

またシンセが登場するとシンフォニックさが増し、
そのシンセの使い方次第で
ある種の神秘的な要素も感じたりもする。
全体的にフォークやトラッド的なサウンドでありながらも
ネットで書かれているように中世的な要素もそこかしこにあり
そこにさらにプログレ的な要素が入っているという感じか。

曲によってはザビエルレコードに売られているような
ネオフォーク的な曲もあったりと
まぁいろいろな要素が詰まってて
(中には余計なものもあったりするのだが…)
なかなか興味深いサウンドに仕上がっていて
音が古臭いのが逆に魅力を増しているのかもしれない?
でも最後まで聴いて個人的には
フォーク/トラッド色が強いサウンドが
一番好きだということが分かるのだった。



01.The Miller's Dance
02.Yarrow
03.The Wreckers
04.Banks Of Green Willow
05.Cold Haily Windy Night / Drowsy Maggie
06.The Agincourt Carol / La Rotta
07.Cold Blows The Wind
08.Wheels Turning
09.When The Rain Comes Down
10.Dark Girl Dressed In Blue / The Doubting Page


Wreckers
Wreckers
posted with amazlet at 17.06.08
Morrigan Music (2011-11-16)




                         
                                  
        

FREEDOM CALL/Master of Light

category - ドイツ
2017/ 06/ 08
                 
マスター・オヴ・ライト
フリーダム・コール
マーキー・インコーポレイティド (2016-11-30)
売り上げランキング: 17,787



ドイツのメロパワメロスピバンド。
皆が言うようにひどいジャケットで
これだけで敬遠する人も多いような気もする。
日本盤もでているというのにだ。

まぁ、ジャケットは悪くても
中身はそれに反していいだろうというのであれば
いいのだが、残念ながら今作に関しては
どうもそういうわけにもいかなかった。

このバンドといえば
クサいメロディながらもひたすら明るく
疾走一辺倒な曲が並び
派手なクワイア(時にはオーケストレーション)が
飛び出して曲を盛り上げるという
お約束の要素というものがあるのだが
今作はどうもそれから変化を付けてきてしまっている。



続きはこちらから


                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。