スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

THE MORRIGAN/Wreckers

category - イギリス
2017/ 06/ 11
                 
イギリスのプログレバンドの1996年作で
これが何枚目になるのかは不明。
笛の音色から始まりドラムなり、フォーク・トラッド系によくある
民族楽器が入ってきて徐々に盛り上がっていくインスト
(しかしギターの音とか音量とか96年作
とは思えない程異様に古臭いのが気になる)
からスタートする。

ただのフォーク・トラッドバンドではないのが
このバンドで、そういう民族楽器による心地いい
音色を奏でながらもしっかりとひねくれたリズムを展開し
きちんとプログレをしているわけだ。

#1こそはインストだったがその後は
やや年配っぽい女性Voが(#8に関しては男性も歌うが…)
時には力強く歌い上げたり表情豊かに歌い上げる。

またシンセが登場するとシンフォニックさが増し、
そのシンセの使い方次第で
ある種の神秘的な要素も感じたりもする。
全体的にフォークやトラッド的なサウンドでありながらも
ネットで書かれているように中世的な要素もそこかしこにあり
そこにさらにプログレ的な要素が入っているという感じか。

曲によってはザビエルレコードに売られているような
ネオフォーク的な曲もあったりと
まぁいろいろな要素が詰まってて
(中には余計なものもあったりするのだが…)
なかなか興味深いサウンドに仕上がっていて
音が古臭いのが逆に魅力を増しているのかもしれない?
でも最後まで聴いて個人的には
フォーク/トラッド色が強いサウンドが
一番好きだということが分かるのだった。



01.The Miller's Dance
02.Yarrow
03.The Wreckers
04.Banks Of Green Willow
05.Cold Haily Windy Night / Drowsy Maggie
06.The Agincourt Carol / La Rotta
07.Cold Blows The Wind
08.Wheels Turning
09.When The Rain Comes Down
10.Dark Girl Dressed In Blue / The Doubting Page


Wreckers
Wreckers
posted with amazlet at 17.06.08
Morrigan Music (2011-11-16)




                         
                                  
        

FREEDOM CALL/Master of Light

category - ドイツ
2017/ 06/ 08
                 
マスター・オヴ・ライト
フリーダム・コール
マーキー・インコーポレイティド (2016-11-30)
売り上げランキング: 17,787



ドイツのメロパワメロスピバンド。
皆が言うようにひどいジャケットで
これだけで敬遠する人も多いような気もする。
日本盤もでているというのにだ。

まぁ、ジャケットは悪くても
中身はそれに反していいだろうというのであれば
いいのだが、残念ながら今作に関しては
どうもそういうわけにもいかなかった。

このバンドといえば
クサいメロディながらもひたすら明るく
疾走一辺倒な曲が並び
派手なクワイア(時にはオーケストレーション)が
飛び出して曲を盛り上げるという
お約束の要素というものがあるのだが
今作はどうもそれから変化を付けてきてしまっている。



続きはこちらから


                         
                                  
        

IVANHOE/7 Days

category - プログレッシヴメタル
2017/ 06/ 05
                 
7 Days
7 Days
posted with amazlet at 17.05.31
Ivanhoe
Imports (2015-12-18)
売り上げランキング: 612,612



ドイツのプログレメタルバンド。
何作目かは分からないがまだ地味に活動をしていたのかと
(いや、自分が知らないだけだったんだが…)。
やっぱりこのバンドも昨今のモダン志向をモロに受け
(前からへヴィではあったがここまでな音ではなかった)、
音的には非常にへヴィになっている。
いや、へヴィな音になったのは
どうも今作に始まったことではないようだが…。
そしてやっていることは若干の変装拍子を絡ませながら
ひたすらミドル&スローテンポ主体のサウンドを展開…。


続きはこちらから


                         
                                  
        

ATLAS PAIN/Where The Oak Left

category - ペイガン/ヴァイキングメタル
2017/ 06/ 01
                 
What the Oak Left
What the Oak Left
posted with amazlet at 17.05.25
Atlas Pain
Scarlet Records (2017-03-10)
売り上げランキング: 83,130



イタリアのヴァイキングメタル
これがデビューアルバムらしい。
美麗ジャケットに惹かれて聴いてみたが
ピアノによる暗いインストから始まるので
なんか地味でブルータルな面が強いサウンドを
どうしても想像してしまうのだが
徐々に派手なシンセやクワイアを入れてきて盛り上げていくので
もしやこれはそういうタイプではないのではないかと期待させる。


続きはこちらから




                         
                                  
        

KALEDON/Carnagus: Emperor of the Darkness

category - イタリア
2017/ 05/ 28
                 
Carnagus: Emperor of the Darkness
Kaledon
Imports (2017-05-26)
売り上げランキング: 94,723



2000年初頭のメロスピブームに登場して
そのヘナチョコぶりなサウンド
(特にVoが、だ)で有名だった
イタリアのメロパワバンドもここ最近は
かなりまともなサウンドに変貌して
一般のメタルリスナーにもアピールできる内容になるまで
成長したことに同じバンドなのかと驚いたものなのだが…。

そんなバンドの今作は、昨今のモダン志向を取り入れながら
正統派に近いメロパワメタルサウンドをやられている。
緩急をつけながらもひたすら疾走するのがメインのよう。
もちろんそれ一辺倒でなくミドルテンポの曲も用意されいる。


続きはこちらから



                         
                                  
        

RAVENSCRY/The Invisible

category - モダンヘヴィロックゴシックメタル
2017/ 05/ 24
                 
The Invisible
The Invisible
posted with amazlet at 17.05.23
Ravenscry
Imports (2017-03-03)
売り上げランキング: 71,355




イタリアの女性Vo擁するゴシックメタルバンドの3枚目。
記憶にないのだが、なんでも過去作は日本盤も出ていたとか
曲数がやたら多く(その中に1分とか1分弱のものもある)
どうやら何かのコンセプトアルバムのようだ。

しばらくクリーンギターによるイントロの後に出てきた音は
ジャケットから想像はできたのだが
あぁやっぱりと落胆するようないかにも今の若者がやりたがる
EVANESSENCE的なモダンへヴィロックをメインに
そこにプログレで複雑なサウンドを加えたようなもの。
いやかなりこのバンドは後者を強めている。
そこにややハスキーな感じの女性Voが中低音を駆使して
時にはけだるく時には張り上げて力強く表情豊かに歌いあげる。



続きはこちらから



                         
                                  
        

DRAGONFORCE/Reaching into Infinity

category - その他南欧
2017/ 05/ 20
                 
リーチング・イントゥ・インフィニティ(初回限定盤)(DVD付)
ドラゴンフォース
ワーナーミュージック・ジャパン (2017-05-17)
売り上げランキング: 56



イギリスの高速メタル(要はメロスピ)の7枚目らしい。
正直興味もあまりなかったのだが、
なんだかモダンなジャケットを見て
バンドの本気度のようのものも感じて(謎)
興味がわいたので久々に聴いてみる。

短いインスト#1の後、いつものように
爆走するするのかと思ったが
想像とは違う疾走の違いでちょっと意表を突かれる。



続きはこちらから



                         
                                  
        

OFFICIUM TRISTE/Mors Viri

category - ゴシックメタル
2017/ 05/ 08
                 
Mors Viri [12 inch Analog]
Mors Viri [12 inch Analog]
posted with amazlet at 17.05.07
Officium Triste
Imports (2013-03-26)




オランダのドゥームゴシックメタル2013年作らしい。
基本はこの手の典型的な遅いリズムなんだが
時折比較的アップテンポなリズムを使い分け、
意外ととっつきやすいメロディを奏でるギターに
ピアノやらシンセがからみ、
ある種かったるくろうろうと喋るような
語りVoノーマルVoやデスVoがからむといった感じ。

このバンドを知ったのは別のアルバムではあるが
どことなく初期のTHE GATHERINGっぽさを感じさせなくもない。
暗い音楽なんだけどどことなく
明るい雰囲気を感じさせるみたいな?
とはいっても曲によってはTHE GATHERINGさを感じさせないような
むしろDRACONIANを思わせるような部分もある。


続きはこちらから


                         
                                  
        

LABYRINTH/Architecture Of A God

category - イタリア
2017/ 05/ 01
                 
アーキテクチャー・オブ・ア・ゴッド
ラビリンス
キングレコード (2017-04-26)
売り上げランキング: 3,209




イタリアのメロスピバンド、
ジャケットが何気に好みだったりするわけだが。
出だしが打ち込み全開で嫌な予感がよぎるのだが
それはあくまでも出だしなだけ、
本編に入ったら確かにきらびやかとは違う
プログレによくあるような近代的なのシンセが入りこむ
メタルサウンドをやっている。

以前のようにイントロからツーバス疾走というわけでもなく
アップテンポ止まりの曲で疾走曲というのは
このバンドも時代の流れに逆らえず(?)に
もう止めてしまったのかと思いきや
#3になってようやくその疾走曲をやられていて
ファンは一安心といったところか?


続きはこちらから



                         
                                  
        

GYZE/Northern Hell Song

category - メロディックデスメタル
2017/ 04/ 26
                 
NORTHERN HELL SONG
NORTHERN HELL SONG
posted with amazlet at 17.04.25
GYZE
ユニバーサル ミュージック (2017-03-29)
売り上げランキング: 1,821



日本のメロデスバンドの3rd。
前作もそれなりにクオリティの高いメロデスをやられて
いたけど(一曲フルで日本語というのは失笑してしまったが)。
今作もファーストトラックの泣きメロが流れた瞬間、
アタリだと感じさせる内容である。

以前はモダンメロデス色がそれなりに顔を出していたが
今作ももちろんそういう部分が用意されてはいるのだが
今まで以上にそれがかなり抑えられており
メロディの臭みに磨きがかかったのか
さらに聴きやすくわかりやすくなっている。
時折、野郎の掛け声が出てきて
クサいメロディ満載のギターフレーズと共に
否が応にも高揚感をかきたてられる。



続きはこちらから


                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。