THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

REVAMP/Revamp

オランダの元AFTER FOREVERの女性Voの新バンドらしい。
このバンドもゴシックというよりはどちらかというと
モダンなパワメタサウンドをやられております。
特に新鮮味はないかもしれませんがね。

のっけからかなりアグレッシヴなサウンドを展開。
EPICAにも似た(いやEPICAそのものだよ、ある種)
アグレッシヴ&オーケストレーションとの融合サウンドで聴く者を圧倒します。
女性Voはささやきからノーマル、ソプラノ、シャウトなど表現豊か。
この焦燥感をあおるようなサウンドには適任かもしれない。
もちろん曲によってはSOILWORKのデスVoも入ります。

疾走する曲は文句なくカッコいいしさらりと聴き流せるので好きだが
そうじゃない曲は好きじゃないなぁ…、アルバム全体的にミドルで押す感じな曲が多く、
ストレートに疾走する曲は少ないし…。
もう少しメロディに魅力があればいいのか…なんというのか…??
#12とボートラはそこそこいいかな。
女性Voの幅広い歌メロが楽曲を数段上のレヴェルに上げているみたいな。
やっぱりいかなる形であれメロディというがいかに大事なのかが分かる。

…つうかやっぱりこの手の曲は個人的に苦手なのかもしれません。
#7なんていうのは明らかなメタルコアが入ってきちゃっているしね…。
他のバンドがやっているのをわざわざやる必要があるのかと…。

Symphony XのVoが参加する#3はオーケストレーションのアレンジといい、
徐々に盛り上がる展開が非常にドラマティックで素晴らしい。
というかこの曲は後半に持ってきた方がいいような気がする。

クオリティに関しては文句のつけようがありません。
最終的にはその人の好みの問題だと思います。
「今風の」モダンなパワメタサウンドが好きな方は即ゲトりましょう。


01. Here’s My Hell
02. Head Up High
03. Sweet Curse
04. Million
05. In Sickness ‘Till Death Do Us Part: All Goodbyes Are Said
06. Break
07. In Sickness ‘Till Death Do Us Part: Disdain
08. In Sickness ‘Till Death Do Us Part: Disgraced
09. Kill Me With Silence
10. Fast Forward
11. The Trial Of Monsters
12. Under My Skin
13. I Lost Myself

[ 2011/01/29 ] | エクストリームロック/メタル
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

NORTHERN HELL SONG

PANTHEON -PART 1-(初回限定盤)

THE ECLIPSE(ジ・エクリプス)

リーチング・イントゥ・インフィニティ(初回限定盤)(DVD付)

【Amazon.co.jp限定】Unlimited Diffusion(CD+DVD 限定盤)

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサ

カテゴリ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR