Post

        

Sound Horizon/Marchen

category - J-ROCK/J-POP
2011/ 02/ 16
                 
自らを「幻想楽団」と称し、物語性のある歌詞と
組曲的な音楽形式による「物語音楽」を主な作風とする。
メタルのような曲はほとんどなく、ある種のポップな感じだったり
ザビエルレコードで
いわゆるヘヴンリーヴォイスと言われるジャンルに属するような曲だったりもする。

オーケストレーションを使ったシリアスな曲がある半面、
コミカルなサウンドがあったり、
昔にあった良きJ-POPあったり、
#1のようなメタル的なものもあったり、とにかく何でもありみたい。
Voも男性だけじゃなく大人の女性だったり、
ガキっぽい(多分成人だろうが)女性だったりいろいろ…。


DRAGON GUARDIANのDragonvariusのように
途中でアニメセリフが入ったりすると萎えてしまうのだが、
このサウンドの場合こういうセリフが入らないといけないんだろうなぁ…。
Dragonvariusのああいうアニメセリフが入るの事に
拒絶反応する方は止めた方がいいかも知れないね。
そういうのの連続なのでね。
多分、自分もこういう音楽はあまりリピート再生しないかもしれない。

#1の途中でなぜか第九やら他のクラシックミュージックを入れたり心憎い演出もしてくれる。
もういうのをそういう曲をやってくれたらありがたいのだが…。
とにかく1曲1曲長いのもマイナスアクションだなぁ…。
ちょっと上記のようにいろいろなジャンルのサウンドが1つの曲中に交錯しているからか?
わかりにくさを感じたのも残念だ。楽曲のクオリティは高いんだがね。
でも好きな人には好きだろうし、自分も決してこういう音楽は嫌いじゃないよ。



1. 宵闇の唄
2. 火刑の魔女
3. 黒き女将の宿
4. 硝子の棺で眠る姫君
5. 生と死を別つ境界の古井戸
6. 薔薇の塔で眠る姫君
7. 青き伯爵の城
8. 磔刑の聖女
9. 暁光の唄