Post

        

ALCEST/Les Voyages De L'ame

category - シュケイザー/ポストブラックメタル
2012/ 01/ 09
                 
フランスのシューゲイザーブラックメタルの新作。
ゆるやかなアコギから始まるものの、何だかさみしさ悲しみを感じ得ない。
シンセはあくまでもアトモスフェリー的な役割に徹して
ギターでメロディをつくっていくようなタイプだろうか?

ノーマルVoによる歌メロももちろんだがトレモロリフにしろソロにしろ、
ギターの物悲しさは聴く人間の非常に耳を惹きつけます。
アグレッシヴな一面もなくはないがどちらかというと
テンポは比較的遅めでさみしさや悲しさに重点を置いている。
悲しいマイナーな曲の中にメジャーキーを入れてくるあたりは
メロディをより一層悲しみに盛りたててくれた非常にニクイ演出だ。

ノーマルで歌いあげるVoの比重も多く、
鬱ブラック系、デプレッシブブラック程の攻撃性ではないものの、
かなり陰鬱な世界観に浸れます。
ブラックメタル系にありがちな禍々しさのない
わかりやすいメロディなのも泣きメロ好きの自分にとっては嬉しい所。

長い曲も用意されているが
上記のような感じなのでそないダレルことなく聴き流せることだろう。
ファンはもちろん、メロブラ、ゴシック系、
また激しいのが嫌いな方でも泣きメロ、美メロに目がない人にとっては
ぜひとも押さえておきたいアルバムになるだろう。



1. Autre Temps
2. La Ou Naissent Les Couleurs Nouvelles
3. Les Voyages De L'Ame
4. Nous Sommes L'Emeraude
5. Beings Of Light
6. Faiseurs De Mondes
7. Havens
8. Summer's Glory