THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

aiko/時のシルエット

時のシルエット (初回仕様)
aiko
ポニーキャニオン (2012-06-20)
売り上げランキング: 874



日本の女性アーティストの10枚目のアルバム。
自分が聴くのは7枚目の「彼女」以来の購入となる。
とりあえず初回限定盤がブックレット封入…と書いてあったので
それ目当てで購入したものの、
BOX仕様でもなければとブックレットは分割されていないし、ん?
通常盤を知らないので何とも言えないけど、
ジャケット以外どう違うのか不明。

ピアノをメインとしながらストリングスが絡み、
ちょっとけだるさのあるaikoのVoが乗っかるスタイルは変わらない。
ギターが前に出る曲もあるが
そういうのはほとんどなく極力抑えつつ、
メジャーキーを多用した徹底したポップかつ、
小洒落た感のあるメロディの特徴なサウンドで
ヒップホップ系のそれとはまた別の聴きやすさになっている。

以前厳しい書き方をするとメロディもサウンドも歌い方も
「彼女」と悪い意味で何も変化をしていない。
aikoの曲はそれほど聴いてはいないがどれ聴いても同じような気がする?
まぁ、変な方向性を打ち出していないのでファンとしては安心なんだろうけど。

それなりにフックのあるメロディがあるものの、
コレといった決定打がないのが辛い。
まぁ、彼女にクサメロとか激しい泣きのメロディを求めるのは酷なのだけどさ。
特にこれがテンポのある曲ならいいが、
スロー&ミドルのテンポの曲だと正直かったるくなる。

歌詞までも重要視している人にとっては
そんなことは気にならんのだろうけど、
メロディ重視の小生にとっては今作も「彼女」同様、
アップテンポ以外の曲は気にいらなかったというだけで終わってしまった。




1. Aka
2. くちびる
3. 白い道
4. ずっと
5. 向かいあわせ
6. 冷たい嘘
7. 運命
8. 恋のスーパーボール
9. クラスメイト
10. .雨は止む
11. ドレミ
12. ホーム
13. 自転車


時のシルエット (通常仕様)
aiko
ポニーキャニオン (2012-06-20)
売り上げランキング: 95


[ 2012/07/07 ] | 音楽その他
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR