Post

        

WOODS OF INFINITY/Ljuset

category - デプレッシヴブラックメタル
2012/ 12/ 04
                 
スウェーデンのブラックメタルの2枚目。
音質が悪く、それほど激しいサウンドでもない。
プリミティヴブラックメタルなのか
それともデプレッシヴブラックメタルなのかは不明だが。

ガキが歌うわらべ歌みたいなものからスタートする。
時々サウンドとは場違いのSEが登場するのも特徴。
ゆったりとした似たようなリズムに、
ツインギターによるメロディがチープなコードでありながらも
日本人好みともいえるくらいの非常に耳を惹きつけるパートが何度も登場する。
クサいメロディと言ってもいいだろう。
ピアノもわずかながら登場するがメインはギターだ。

とにかく、メロディックなサウンドなのには驚かされる。
ただ、曲によって叙情メロディより禍々しさが勝っていて
メロディの出来にバラツキがあるのは残念だが。
大曲の#6あたりがつまらないのは致命傷だ。

ただ、そこに音質同様ショボすぎる窒息気味のスクリームVo
(そのあたりからするとこのバンドはデプレッシヴブラックなのか?)が
説得力に欠けるうえに、
字余り感全開でわめきまくる様は、
何か日本語でしゃべっているみたいな感覚で
本人たちはいたって真剣でそういうつもりは全くないんだろうけど、
なんか笑えてくるのは確か。

まぁネタとして聴くのもよし、
クサメロを楽しむのもよしと言ったところか?


1. Genever
2. Ett Forlorat Barn
3. Tankevackande Sjalvomkan
4. Summon The Lord Of Blasphemy
5. A Love Story
6. Tvafaldig Vikt ar en Styggelse for Herren
7. Epigram
8. Metamorfos
9. Across The Fields Of Forever (Edge of Sanity cover)
10. Kroppen Var Mitt Fangelse
11. Eksynyt