Post

        

ザ・ブレッスンフォー/この愛に生きて

category - 音楽その他
2013/ 08/ 16
                 
近藤正臣主演の時代劇「斬り抜ける(俊平ひとり旅)」のエンディング曲。
たまたま昼にMXにチャンネルひねったら(今はリモコン押したらの方がいいのか)
この曲が流れていた。
鼓笛隊の様なドラムとメランコリックなメロディに耳を奪われた。

ひたすら泣きのフレーズを連発してくれる。
特に中村敦夫がゲスト出演した回にこれを流されたら
涙なくしてはいられない。

時代劇でコーラスグループを起用するというのは珍しいと思うのだが、
このサウンドにはそれが非常にマッチしていると思われ。
メインはミドルテンポだけど、歌い始めとサビの初めは
にぎやかなバックの演奏を控えめにし、
Voをメインにすることでメリハリをつけており、
説得力を増している。

時代劇のテーマ曲で好きな曲のうちの一つ。
ただ、このドラマ自体が視聴率を取れなかったこともあり
この曲自体もあまり話題にならなかったみたいなのが残念…。