Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

EXHUMED/All guts, no glory

category - ブルータルデスメタル
2011/ 08/ 25
                 
オール・ガッツ、ノー・グローリー
エグジュームド バウンディ (2011-07-06)売り上げランキング: 219,276




アメリカ発ゴア・グラインドデスメタルバンド(ジャンルはこうでいいのか?)の
久々の新作。なんでも活動を休止していたこともあったらしく、8年ぶりとなるそうな。
自分は前作を聴いていないで何とも言えんのだけど。
とりあえず傑作の2枚目は聴いている、それなりのクオリティの高さだったな。

で、本作はやっていることは、活動停止前と全く変わっておらず
(どうやらVADERのピーター同様、中心人物のマット・ハーヴェイが
サウンドのイニシアチブを握っているそうで、彼がいればそれだけでEXHUMEDが成立するみたいな)、
ハードコア的なものよりも(もちろんそういう部分は出てくるが)
どちらかというとスラッシュビートやブラストを多用したデスメタルに近いサウンドで
(言葉はわかりにくいと思うが)デスメタルファンにとっては聴きやすい方だと思う。
グチャドロ系では決してないし(個人的にはブラスト連発の方が好きなんだがね)、
演奏力同様テンションも高い。

Voは病んでいるとしか思えないわめきが多く、そのほか抱擁と下水道系も時折あったりする。
この手のサウンドに非常にマッチしていると思う。

意外なのは非常にメロディアスなソロを弾いていること。
メロディを大事にしている感が伝わってくる。
サウンドがサウンドなだけにこのメロディが非常に活きている。
曲そのものにある種のキャッチーさも備わっていることに驚かされる。

このアルバムが気に入ったら傑作の2枚目も聴いてみてはいかがでしょうか
(でも何やら廃盤らしいわ、もったいない話だ)。

1. All Guts, No Glory
2. As Hammer To Anvil
3. Your Funeral, My Feast
4. Through Cadaver Eyes
5. Death Knell
6. Distorted And Twisted To Form
7. I Rot Within
8. Dis-assembly Line
9. Necrotized
10. Funereality
11. So Let It Be Rotten… So Let It Be Done

                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。