Post

        

DOOM:VS/Earthless

category - フューネラルドゥームゴシック
2015/ 01/ 07
                 
スウェーデンのフューネラルドゥームゴシックメタルバンドDRACONIANのソロの新作。
在籍しているDRACONIANの方が徐々に初期のようなサウンドから離れて
聴きやすいゴシックメタル方面にシフトをしている中、
このソロ活動の方は初期のDRACONIANそのものというか…、
悲しげなピアノから地を這うようなディストーションなギターやVo
(時折ノーマルVoが入ったりもする)が登場し、
ひたすら遅く、暗く、そして重く、1曲1曲が長く
ギターによるダークで禍々しいメロディや
メランコリックで寒々しいメロディとアトモスフェリーなシンセによる
この絶望から抜け出せないような
それこそ取り返しのつかないような後悔に襲われるような
世界観が展開される。

クリアーなギターによる静の部分があったりして
動とのメリハリはいつも通り。
トレモロリフが登場したりしてポストロック的な部分もあったりする。

確かにメランコリックなメロディはそれなりにいいんだが
ただ、ひたすらスローテンポで大曲なので
正座をしてじっと聴くには退屈な気持ちになるのも確かで、
メインはスローだが突如疾走してみたり等のリズムチェンジを試みるとか、
何らかのプラスアルファでメリハリがあった方がより面白かったと思う。
まぁそれがなくてひたすら遅いのがいいんだよと言われそうだけど…。
それでもラストの曲はメジャーキーを混ぜたフレーズを織り交ぜることで
人の感情を上手く表現するような
かつより絶望感を強調する感じで(最後のピアノで〆るもよし)なかなかよかった。


1.Earthless
2.A Quietly Forming Collapse
3.White Coffins
4.The Dead Swan of the Woods
5.Oceans of Despair
6.The Slow Ascent