Post

        

SIRRAH/Will Tomorrow Come?

category - ゴシックメタル
2011/ 04/ 18
                 
ポーランドのゴシックメタルの2nd。
前作もこのアルバムも当時は日本盤が出ていた。
女性Voやヴィオラ奏者を使い、クラシカルなフレーズをふんだんに取り込んだ作品だった。

今作はどちらかというとそのクラシカルなフレーズは減退して、
メロデスよりになりアグレッシヴになっている。美しさよりも激しさというのか…?
それでもゴシックメタルの範疇からかけ離れたわけではなく、
らしいサウンドはそれなりに聴ける。
ただ、やっぱりゴシックというよりメロデスっぽいんだよなぁ…。
Voはデスと朗々と歌い上げるクリーンVoが主に掛け合いでやられております。

前作のように泣き泣きのメロディを奏でていたヴィオラは
ほんの時折の登場するくらいになっている。
同じように女性Voも登場が激減してゴシックファンとしてはガッカリかも。
メロディも前作ほどいいというわけではないですしねぇ…。クオリティは高いんだが…。
いかんせん自分には好きにはなれませんでした。

彼らはこの後イチゴ摘みのアルバイトに行った(かどうかは不明)後、
解散したらしいわ。
クオリティは2作品とも高いだけに再結成を望む。



1. To Bring Order
2. ... For The Sake Of Nothring
3. Patron
4. Lash
5. Will Tomorrow Come ?
6. High Treason
7. Sepsis
8. Rhea
9. Madcap
10.Floor's Embrace