Post

        

AMBERIAN DAWN/Re-Evolution

category - フィンランド
2013/ 06/ 30
                 
Re-Evolution
Re-Evolution
posted with amazlet at 13.06.29
Amberian Dawn
Encore Music/Khy Suomen Musiik (2013-06-18)
売り上げランキング: 23,225




フィンランドの女性Vo擁する5人組の
オーケストレーションをふんだんに用いた
シンフォニックメタルバンドの新作。

この女性Voは一部でソプラノを使いつつも、
普段は適度に力強く、表情豊かで説得力のあるタイプ。
曲によっては野郎Voも入る。やっていることは
あきらかにNIGHTWISHフォロワーなんだが。

#1はノリノリのキャッチーなサウンドだが
途中で急にダークで壮大なサウンドが入り、高揚感がガタ落ち…。
こういうのはあまり好きじゃないなぁ。
ただ、それ以降は#1同様に壮大なオーケストレーションを乗せた
キャッチーなメロディを前面に出したサウンドが続く。
中盤以降はテンポを落とし、どちらかというとオーケストレーションを多用した
シアトリカルなサウンドを展開している。

この手のサウンドはどちらかというと、NIGHTWISHのような
ミドルテンポ主体でヘヴィなギターを前面に出して
ひたすらダークなサウンドなモダン志向に走るんだが
(もちろんはそういう曲も出てくるんだけど)、
その割にはこのアルバムに関しては、
分かりやすさを前面に押し出している事もあって聴きやすい。

また、所々ネオクラ的なフレーズが登場して思わずにやりとさせられる。
ギターやKeyのソロなんて
本当にどこのネオクラバンドにもありがちなことをやっているわけだけど
そのありがちなことがありがたかったりする。


1. Valkyries
2. Incubus
3. Kokko - Egle Of Fire
4. Lily Of The Moon
5. Come Now Follow
6. Crimson Flower
7. Circus Black
8. Lost Soul
9. Cold Kiss
10. River Of Tuoni
11. Charnel's Ball