THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

HEIDEVOLK/Batavi

Batavi
Batavi
posted with amazlet at 13.10.11
Heidevolk
Napalm (2012-03-01)
売り上げランキング: 286,983



オランダのフォーク/ヴァイキングメタルバンド。
母国語による歌詞です。Voは2人いるらしいがその意味は?
フォークメタル系だがよくあるような
アコーディオン、フルート、フィドル、ホイッスル他
民族楽器が頻繁に登場するようなものではなく
(ちょこっとは出るけどさ)
アトモスフェリーなKeyによるシンフォニックな装飾もない、
あくまでもギターによるメロディがメイン。
派手さがなく、武骨な漢のイメージが強く、
叙情的なメロディは
この手のサウンドにしては比較的ある方だが、
民族メロ満載のフォークメタルからすると弱いだろう。

のっけからミドルテンポの横ノリのサウンドに
2人のクリーンかつマイルドなVoをともなっておしてくるが
決してそれ一辺倒ではなく#1は途中でアップテンポになるし
#2はのっけから疾走する。
また曲によってはブラストも使い、ブラックメタル的な一面もあったりして
かなりブルータルな部分もある。
または昨今のTRYのようなメロパワな部分もあったりして
以外と聴きどころがある。

もちろんデスVoも登場するが
主に2人のクリーンかつマイルドなVoの出番が多く、
それがまた何とも言えない雰囲気を醸し出してる。
ただ、マイルドではあるが無表情なのが面白みに欠けるかな?
戦場に出かける勇ましい男たちを物語るようなイメージにぴったりだ。
#4にはヴァイキングメタルにあるような掛け声も登場する。

ギターのメロによるこの手のサウンドは
ミドルテンポ主体だとよほど面白いメロディがないと
ただの地味なサウンドで聴く人を本当に選んでしまうので
この早いテンポにしたは正解だろう。


1. Een Nieuw Begin
2. De Toekomst Lonkt
3. Het Verbond Met Rome
4. Wapenbroeders
5. In Het Woud Gezworen
6. Veleda
7. Als De Dood Weer Naar Ons Lacht
8. Einde Der Zege
9. Vrijgevochten

[ 2012/04/06 ] | フォーク・トラッドメタル
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR