Post

        

GYZE/Fascinating Violence

category - モダンメロデス
2013/ 08/ 03
                 
Fascinating Violence
Fascinating Violence
posted with amazlet at 13.08.03
Gyze Soulfood (2013-06-06)売り上げランキング: 1,518




北海道出身のメロデスバンド。
オフィシャルにはヴィジュアル系っぽい3人が映っているが、
なんでもVo(全曲ではないそうだ)とプロデュースは
DISARMONIA MUNDIのメンバーが担当しているとか。
音質は言うまでもなく良好。
なので、どうせ彼らがやっているようなメタルコアとか
モダンなメロデスのようなもんだろうとタカをくくっていたんだが。
#1からしてメロデスらしからぬむしろJ-POPにも出てきそうなメロディで意表をつかれた。

確かにDISARMONIA MUNDIが絡んでいることもあって
#2はやっぱり典型的なメタルコア
#1での高揚感ががっくりと落ちてしまうのも確かだが…。

その後はそういう曲をメインにしつつも
(下地はメタルコア、モダンメロデスなんだろう)
数曲ではネオクラシカルなピアノを効果的に配した
クサいメロディ(日本人好みのメロディ)やフレーズを
これでもかというくらいまきちらしながら、
(というかVoさえデスじゃなければ歌謡曲的だったり)
疾走してくれたりしてそれは嬉しいんだが、
やはりDISARMONIA MUNDI絡みだからそっち系の方が強いのは確か。
もちろんそういう曲にも美味しいフレーズは顔をのぞかせてはいるんだけどね…。
どうもメタルコア的な部分が個人的には受け付けない…。

もちろんギターソロもそつなくこなしてくれてこれもなかなか美味しい。
メタルコア的なものがなければ尚良しなんだが…。
今後はメタルコア的な要素をより薄め
クサメロ歌謡曲デス路線を強化してほしいというのが
個人的な感想なんだけどなぁ…。
#9のような曲がもっとあったらこのアルバムの印象は全く変わっていたと思う。

という事で今風のメロデスに抵抗がない人にはお勧めしたい。


01. Desire
02. Desperately
03. Fascinating Violence
04. Regain
05. Trash My Enemy
06. A Dynasty
07. Final Revenge
08. Trigger Of The Anger
09. Day Of The Funeral
10. Midnight Darkness
11. The Black Era