Post

        

BARREN EARTH/Curse of the Red River

category - プログレッシヴ系
2010/ 05/ 31
                 
Curse of the Red River
Curse of the Red River
posted with amazlet at 13.10.12
Barren Earth
Peaceville UK (2010-03-23)
売り上げランキング: 166,023




初期 AMORPHIS のベーシストOlli-Pekka Laineを中心にSwallow The SunのMikko Kotamäki、
KreatorのSami Yli-Sirniö、元AMORPHISのKasper Mårtenson…などなど
豪華なメンツを従えたゴシック・ドゥームメタルバンドデビュー作。
AMORPHISのいいところ(つまり土着的メロディとかいうやつか?)を持ち合わせつつ
動の部分はアグレッシヴかつある種のプログレ的な感覚を持ち合わせつつ、
静の部分はフルートやらアコギなどを取り込んだりして、OPETHを彷彿とさせる展開に加え、
そこにサイケデリックさを融合させたらこうなったとでもいうのだろうか?

とにかくAMORPHISとは似たようなサウンドで全く似ていない、
むしろAMORPHISを進化させたらこうなったみたいなそんなサウンドかもしれません。
いやサイケデリックな方面に色気を出していたころのAMORPHISの進化なのか?
とにかく、聴いたときのインパクトはハンパないです。
1回聴いただけでは良さは分からないし、わけが分からんからと投げ出してほしくもないですね。
こんなにクオリティが高いのにまだ日本盤は出ていないの?


01. The Curse Of The Red River
02. Our Twilight
03. Forlorn Waves
04. Flicker
05. The Leer
06. The Ritual Of Dawn
07. Ere All Perish
08. Cold Earth Chamber
09. Deserted Morrows