THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

DRAUGR/De Ferro Italico

イタリアのフォーク・ペイガンブラックメタルバンドらしい、2枚目。
映画のワンシーンを彷彿とさせるようなSEから
いかにもなフォーキーで勇ましいメロディになる心憎い演出をしてくれます。
ブラストも頻繁に登場するなど、
結構ブラックメタル的なアグレッシヴなサウンドな上、
頻繁にリズムチェンジをしたりもする。あまりリズムチェンジを繰り返さない方がいいような感も。
VoはわめきはもちろんノーマルVoだったりいろいろ使い分ける。

そういうブルータルなサウンドの中笛やアコーディオンといった
お約束の民族楽器を使ったフォーキーなメロディを挟みこんだりします。
時には勇ましい漢たちを想像させるメロディもあったりして、
軟弱なフォーキーメタルではないことは確か。
コルピ的な飲めや歌えやな酔いどれコーラスや
ポルカ的な一面もあったり、先輩方をお手本にしているわけだが、
基本は#2のような疾走ブルータルサウンドにフォーキー/勇ましメロディが絡むスタイルだろう。
ギターソロも入ったりもします。

#4のようなクサクサのメロディがもっとあれば尚可なんだけどね。
他の曲もそれなりに臭さもあるんだがなんか満足度はあと一歩といった感じかな…。
確かにメロディはなかなかいいものを持っているし、
演奏陣同様完成度の高いドラマティックな展開には思わず息をのむんだけんど…。




1. Dove l'Italia Nacque
2. The Vitulean Empire
3. L'Augure e il Lupo
4. Ver Sacrum
5. Suovetaurilia
6. Legio Linteata
7. Ballata d'Autunno
8. Inverno
9. Roma Ferro Ignique
10. De Ferro Italico

[ 2011/10/06 ] | ペイガン/ヴァイキングメタル
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR