Post

        

CRADLE OF FILTH/Darkly Darkly Venus Aversa

category - シンフォニック/メロディックブラックメタル
2010/ 11/ 04
                 
蔭黒(いんこく)の女神アヴェルサ
クレイドル・オヴ・フィルス
マーキー・インコーポレイティド (2010-11-24)
売り上げランキング: 143,744



イギリスのヴェテランブラックメタルバンドの新作。
DIMMU BORGIR(とどうしても比較をしてしまうが)が新たな変化をしたのに対して
このバンドは大した変化(実験)をせず、今作も大仰なブラックメタルをやられています。
前作を気にいった人は今作も気にいると思います。
ただ、逆にいうとここ何作かは似たようなことをしていると斬られる可能性も。
それでもダニの表現力は絶叫から囁きまで幅広く使い分ける
(一つの楽器と化している程)相変わらず凄いし、
禍々しいシンフォニックサウンドはますます大仰になり、
ある種のシアトリカルな面も垣間見えたりもするし、
暴虐なパートとそうでないパートの使い分けもはっきりさせることで曲にメリハリが生まれ
(前作から加入したドラマーはなかなか巧いね)、
この美しき暴虐の世界観にどっぷりつかることができよう。


しかしこのバンドに問題が一つあって、何作も出しているのだが、どうしても音が好きになれない。
プロデューサーのミックスが悪いのか?金をかけていないのか?
せっかくのシンセ(なのか生オケなのか不明だが)
のゴージャスなバッキングなのにギターやらドラムやらの音とつりあっていないというか…。
ブラックメタル特融の攻撃性を感じない音づくりとでもいうのか…。
そこがこのバンドの思い切りな致命傷な点でもある。
だからどうしても安っぽく聴こえてしまう。そこを改善してほしかった。



1. The Cult Of Venus Aversa
2. One Foul Step From The Abyss
3. The Nun With The Astral Habit
4. Retreat Of The Sacred Heart
5. The Persecution Song
6. Deceiving Eyes
7. Lilith Immaculate
8. The Spawn Of Love And War
9. Harlot On A Pedestal
10. Forgive Me Father (I Have Sinned)
11. Beyond Eleventh Hour