Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

EBONYLAKE/On the Eve of the Grimly

category - シンフォニック/メロディックブラックメタル
2011/ 07/ 30
                 
ノルウェーの女性のVoとKeyを含む7人組のバンド。
確かベルアンティークからリリースもされていたような(?)。
BURRN!のレビューで「2度と聴きたいとは思わない」云々のようなことが書かれていたが。

ジャケットのような耽美的なゴシックサウンドを想像していたら
のっけからアグレッシヴなサウンドとスクリームヴォイスで責め立ててくる。

シアトリカルな部分もあったりして
ストーリー性のあるサウンドのような感じもする。
ただ、全体的にはブラックメタルな激しい部分が強調されている。

とにかくメロディがめちゃくちゃで一応ピアノやらヴァイオリンやらが入るのだが
美しさもあるようなないようなよくわからない上に
そのメロディをぶち壊すような極端極まりない曲展開は
あまりにも「芸術」の域に達しすぎていて(褒め言葉)
聴く者の大半が「ついていくことができない」状態になってしまう。
演奏力が無いわけじゃないんだがやっていることがあまりにも自己満足すぎる。

気持ちの悪いメロディと唐突過ぎる曲展開により、
終始「落ち着かない」状態なのは事実で、
このBURRN!のレビューは決して的外れなことを書いているとは思わない。

なんたら見たさではないが興味のある方だけには強くお勧めしたい。
ただ、そういう人にも気にいるかどうかは不明だ。
どんな不協和音なサウンドは聴いてきたが、
このバンドはそのバンドの遥か上を行っているような気がする。



1. Author of the Burning Flock
2. Wanderings of Ophelia Through the Untamed Countryside
3. On the Eve of the Grimly Inventive
4. Within Deepest Red (The Opening of...)
5. Autumn to Cripple Children
6. Voice in the Piano
7. Music an Woe Between Horse Thieves





                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。