THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

KALEDON/Altor

Altor: The King's Blacksmith
Altor: The King's Blacksmith
posted with amazlet at 13.10.22
KALEDON
ルビコン・ミュージック (2013-07-31)
売り上げランキング: 80,205



イタリアのメロスピバンド。
まだやっていたことに驚かされた。
というか自分の知らないところでコンスタンツにリリースしているみたい。
最初知った時は(The New kingdomをやってた頃だ)、
ヘナチョコVoをはじめとするありがちなB級メタルなわけだったが。

正直ジャケットが全くイケてなくてこのバンドは
浦島太郎的な未だにB級メタルをやっているのかと思いきや、

やっていることは派手なシンセ入りのメロスピサウンドを基本としたもので
#1の女性とシンセによるインスト明けの
#2のメロスピ曲はエピックメタルにありがちのお約束だが、
最近この手を使うバンドも少なくなってきたかも。
このバンドも例にもれず、あまりツーバスの多様を控えているし、
疾走一辺倒というのはないが、
元々メロスピやっていたそういうバンドよりはバスドラを踏む回数は多いとは思うが。

Voはヘナチョコだと思っていたらいつの間にかそれなりに歌えるVoにチェンジ(?)をし、
演奏陣も安定感がある。安心して聴けるレヴェルまで成長していた
(すごくいいというレヴェルまではまだまだではあるが)。
テクニカルで躍動感のあるKeyのソロにや
センスのあるシンセワークは非常に耳を惹かれたし、
マニアどまりではないような、キャッチーなメロディもあったりして
(ただし、それが前半までで後半は全く面白くないというのは痛いが…、
いかにアルバム全体楽しめるかが今後の課題だろう)。
当時知っていたころの彼らを比較すると全く比べ物にならないくらいに成長している。

ただ、バンドに変化を持たすためか知らんが、
#3のイントロ(だけでよかった)ような若いバンドによくあるような
メタルコアな部分やラストの曲の様なシンフォニックブラックメタルの様なものを
取り入れているのはあまり好きじゃないなぁ…。



01. Innocence
02. Childhood
03. Between the Hammer and the Anvil
04. My Personal Hero
05. Lilibeth
06. A New Beginning
07. Kephren
08. Screams in the Wind
09. A Dark Prison




[ 2013/10/22 ] | イタリア
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR