Post

        

EUPHOREON/Euphoreon

category - メロディックデスメタル
2011/ 05/ 30
                 
ドイツとニュージーランドの混合のバンドらしい。
何でも初期のチルボトタイプのKey入りのメロデス。
ジャケットから購入意欲をそそられる。
もう最初のピアノとギターのメロからクサメロファンにはたまらないだろう。
基本はアグレッシヴなのだが、ツインギターによる美味しいメロディや
吐き捨て型のスクリームVoといい、
多彩なアレンジ力を見せつけるKeyだったり…etc、
確かにいまどき珍しい優等生的なチルボトタイプだ。
ノリのいい曲で8曲畳み掛けてくれるので、長い曲もあるものの
(メロディもいいせいもあってか?)気にならずにあっという間に終わっているという感じ。


まだ演奏が粗かったり、メロが(個人的は)思った以上にクサくなかったり、
いろいろと注文をつけたらキリがないが
デビューアルバムとしては曲全体のクオリティは相当高い。
こういうバンドこそ日本盤デビューをしてもらいたいものだ。



01. Every Cloud Has a Silver Lining
02. Before the Blackened Sky
03. Forever Being
04. Eleventh Heaven
05. Where Dead Skies Dwell
06. From the Netherworld
07. Starnight Rider
08. Road to Redemption