THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

IMMORTAL SOULS/IV

IV: the Requiem for the Art of Death
Immortal Souls
Facedown (2011-10-11)
売り上げランキング: 238,005



フィンランド産のメロデスバンド。
初めてこのバンドを聴く。
何となく鬱系のブラックメタル系みたいな感じがジャケットからはするが、
実際はINSOMNIUMにも通じる(アルバムのジャケットが酷似していたとか)
ようなツインギターによる泣きのメロディを奏でるメロデスサウンド。

教会の鐘から始まり寂しくも怪しいインストから
ノリノリの#2になだれ込むのはポイント高し。
最近めっきり少なくなったモダンではないメロデスを聴かせてくれる。

ただ、このアルバムでは#3以降には
ちょっとモダンな部分もちらほらと顔をのぞかせていたり
パンキッシュな部分があったりしてそういうのは個人的には受け付けないなぁ…。
あと、VoがしゃがれたデスVo一辺倒というのも説得力に欠ける。
最後の曲の方でノーマルVoが登場するがもっと登場させてもよかったのでは?
もちろん上に書いたようなINSOMNIUM的なサウンドもあるし、
ちょっとプログレ的なアプローチも感じる曲もあったりと
ジャケットだけでは想像もできないようないろいろな要素がこのアルバムではつまっている。

ただ、何をやりたいんだコラ(紙面は飾ってはいないがw)!
とどこかの方が怒鳴りこんできそうな感じで統一性を感じませんし
何かどの曲も今一つ聴く人を強烈にアピールするような
説得力のあるメロディを感じないのも確か。
メロディそのものも全くピンとこない(要は捨て曲らしき)のもある。
どれもそつなくこなしている感はあるけどだけで終わっているのは残念だな。



1. Art Of Death Act I: Soulbells
2. Evil Believer
3. Nuclear Winter
4. I Wept
5. Absolution
6. Art Of Death Act II: The Last Journey
7. Reek Of Rotting Rye
8. Last Day On Earth
9. Hypnotic Atrocity
10. Thought Of Desolation
11. One Last Withering Rose
12. Art Of Death Act III: The Requiem Of The Funeral Eve

[ 2012/01/05 ] | メロディックデスメタル
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR