THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

RHAPSODY OF FIRE/Dark Wings Of Steel

Dark Wings of Steel
Dark Wings of Steel
posted with amazlet at 13.12.14
Rhapsody of Fire
Afm Records (2013-11-21)
売り上げランキング: 10,232




ギタリストと分裂してからの最初のアルバムだと思われる。
こちらはKey奏者を中心とした一応本家の方なんだが、
どちらが本家なのかが正直わからないんですけど。
おごそかなコーラスとダークなシンフォニックサウンドの#1で
(まぁアルバムタイトルに丁寧にDARK~と書いてあるからそんなもんだが)
なんかこのアルバムが何かイマサンな雰囲気を感じさせてしまうんだが。

そんな不安を吹き飛ばすようなお約束の#2の疾走曲でクワイアを駆使した
いかにもRHAPSODY OF FIREらしい曲になっている。
とはいっても要所要所でダークな部分を入れることで多少の変化があるのも確か。
ドラムのスネアの音が妙に安っぽく感じるのは気のせいか?

一応それ以降はオーケストレーションを多用した派手なシンフォニックサウンドに
壮大なスケール感のサウンドをやられるんだけど、
ミドルテンポで進むような正統派的な趣のある曲があったり、
ギタリストがいたころには恐らくやられなかったような事をやって
それなりの変化をつけている。

ただ、やっぱり#1のインストで聴かせたダークな部分が要所要所で登場し、
あと、ストレートに疾走する曲が少ないというのもあり、
今一つ、聴きごたえにかけるのは確か。
まぁ色々な引き出しがあるよというのがわかったのは収穫だけど、
映画音楽のサントラの一つの様なものとしてはいいんだけど、
退屈さを感じ得ず、それ以上のものを感じることはできなかった。
#7のようなストレートに疾走する曲がやっぱりファンは一番喜ぶんだけどなぁ…。


01 Vis Divina
02 Rising From Tragic Flames
03 Angel Of Light
04 Tears Of Pain
05 Fly To Crystal Skies
06 My Sacrifice
07 Silver Lake Of Tears
08 Custode Di Pace
09 A Tale Of Magic
10 Dark Wings Of Steel
11 Sad Mystic Moon

[ 2013/12/18 ] | イタリア
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR