Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

AMORPHIS/Circle

category - メロディックデスメタル
2013/ 05/ 09
                 
サークル 【初回限定盤 - DVD付&ボーナス・トラック2曲収録】
アモルフィス
ビクターエンタテインメント (2013-04-17)
売り上げランキング: 1,249



フィンランドのトラッド色もあるメタルバンド。11枚目。
ジャケットからして「当たり」臭がするんですが…。

オープニングの曲が結構ブルータル度が高く
(もちろんサビはメロウなんだけど)、ちょっと驚かされる。
キーボードが活躍していた前作に比べると
キーボードの割合はかなり減り、ギターによる割合が高く、
結構ヘヴィだ。#1のようなブルータルでドゥーミーな曲は他にもある。
初期のころに戻った感のある#6のような曲もある
(がこの曲が意外とネットでは評判がいい)
これはプロデューサーのHYPOCRISY等の中心人物である
ピーター・テクレンによるのもあるのかもしれない?

それと相反するのか、いつもの彼らのカレワラ的な民族的なフレーズが減退した。
かといっても根っこの部分はやっぱりカレワラメロディなんだよね。
今作はカレワラから離れてメロデスの方向性云々って言われてたらしいが、
確かにメロデス的な要素にベクトルは向いているものの、
決してメロデスにはなりきってはおらず
ここにあるのはブルータルになったカレワラメタルだ。

ただ、ブルータル度を上げたことで
ここんとこあったマンネリ感のようなものを上手く打破したのではないかと。

今作はVoのデスVoが#6や#8のように声を絞り上げるかのような歌唱法で
いつもよりもブルータル度が増している。
もちろんエモーショナルなクリーンVoも聴かせてくれるが、
今作はデスVoの方が比率が高い。

個人的にはブルータルな楽曲よりも
さびしげなメロディを乗せたノリノリのテンポの#3は好きです。

もちろんファンは買いの一枚です。


1. Shades of Gray
2. Mission
3. The Wanderer
4. Narrow Path
5. Hopeless Days
6. Nightbird's Song
7. Into the Abyss
8. Enchanted By The Moon
9. New Day
10. Dead Man's Dream (Bonus Track)
11. New Song (Bonus Track)

                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。