Post

        

RING OF FIRE/The Oracle

category - プログレッシヴメタル
2010/ 04/ 25
                 
RING OF FIRE名義としてはデビューアルバムとなるわけだが、
実質的にはマーク・ボールズ(Yngwie Malmsteenに参加経験あり)
ソロ作品の2ndアルバムとなるわけだが。
Keyにヴィタリ・クープリ(ARTENSION)、
Gにジョージ・ベラス(トニー・マカパインは多忙のため
急遽代役という形で参加)他、名のあるプレイヤーが参加している。

基本は前作(ウチは知らんが)を引き継いだような
ネオクラシカルを基調とした様式美メタルにプログレッシヴ的な要素を加えた
サウンドを展開して、まぁ個人的には気に入った曲もあれば
つまらん曲もあるようなそんな感じでしょうか?
ミドル、スローテンポの曲に魅力を感じなかったり
ダークでキャッチーさがあまりないようなのがあるのでそれが多分気に入らんのでしょう。

残念なのはどの曲にしても「ただ速いだけ」で表情のまるでない
ジョージ・ベラスのギターソロでしょうか?
コレがいい曲を思い切りぶち壊してしまっていることでしょうね。
ロイヤルハントにマーク・ボールズが参加するのは自分は納得がいきませんが
Yngwie Malmsteenやこういうバンドには彼の存在は非常にあっているような気がしました。



1. PRELUDE FOR THE ORACLE
2. CIRCLE OF TIME
3. SHADOW IN THE DARK
4. VENGEANCE FOR BLOOD
5. SAMURAI
6. CITY OF THE DEAD
7. DREAMS OF EMPIRE
8. THE ORACLE
9. INTERLUDE
10. LAND OF ILLUSION
11. TAKE ME HOME
12. FACE THE FIRE
13. SAKURA SAKURA