Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

MEDUZA/Now And Forever(永遠―それは戦慄の調)

category - スウェーデン
2010/ 07/ 31
                 
永遠-それは戦慄の調
永遠-それは戦慄の調
posted with amazlet at 13.09.10
メドゥーザ
EMIミュージック・ジャパン (2002-07-26)
売り上げランキング: 395,298



リチャード・アンダーセンのバンドTIME REQUIEMに在籍していた(現在は脱退もしくはクビw)
Apollo PapathanasioがVoとして参加しているバンドのデビューアルバム。
良くも悪くもYngwie Malmsteenの影響が非常に強い
というかTIME REQUIEMに改名前のMAJESTICと変わりない?
キーボードがギターに変わっただけという
バリバリのネオクラシカルサウンドのオンパレードです。
個性は特に見当たりません(笑)。
アポロは安定したVoをここでも披露してくれているので安心して聴ける。

だから特にどうという感想はありませんが、個人的にはパクリだろうが
モノマネだろうがネオクラ&クサメロは好きなジャンルなので
変な方向に行くよりも(実際次作では正統派に近いサウンドになってしまった)
全然OKでござります。疾走曲は特に好きなメロディの連続で思わずニヤついてしまう。
そして何よりも邦題がカッコイイね。


1. Shed No Tears
2. I Will Rise
3. Now and Forever
4. Sleep
5. Touch the Sky
6. Hounds of Hell
7. Twilight of My Mind
8. Holy Ground
9. Curse of Pharaoh
10. Land of Forgotten Dreams
11. Burn in Hell
12. Incarnation (Instrumental)




                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。