Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

YAWARHIEM/The Rebirth Of The Empire

category - 北米・南米・豪州
2010/ 09/ 13
                 
フォーク・トラッド色もある女性Voと男性Vo擁する
ペルーのシンフォニック色もあるメロパワバンド。
疾走曲はクサく、要所要所で、笛を絡めてくるところがなんともニクイ。
そのあたりはスペインのARS AMANDIをお手本にしているのか?
あるいはそれを進化させたら(?)こうなるのかもしれないね?
あるいはMAGO DE OZを意識しているのか?…まぁそんなところですな。
音質は良好。派手なコーラスもある。
Voはあまりうまいとは言えないが決して悪くは無いタイプの男性と、
ソプラノで歌っている割にはなんか音程を外している感のある女性といった感じ。

まともな曲の数が異様に少ないのが残念です。
演奏力はそれなりにはあるが残念ながらメロディが
クサメロファンでさえも一部の人しか納得しないレヴェルなので
(まともな曲は疾走曲が中心なのはありがたいが…)
これからはどんどんメロディを磨いていってほしい。




1. The Genesis Of Cosmos
2. Darkness, Blood & Tears
3. Bloody Twilight
4. Prophecy Of Gods
5. Essays Of Death
6. Imperial Nightmares
7. Virgins Of Darkness
8. Tears Of A Vengeful Madness
9. Sacred Omen
10. Ayar Tawar's Heart
11. Folklorhiem

                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。