Post

        

THERION/Theli

category - スウェーデン
2010/ 10/ 01
                 
Theli
Theli
posted with amazlet at 13.09.10
セリオン
トイズファクトリー (1996-08-08)
売り上げランキング: 215,149





確かなんかの雑誌でクラシックとの融合だったか、なんかそんな事を書かれていたので
そういうバンドが好きな自分にとっては(当時は)買わずにはいられずに購入。
このバンドは元々はデスメタルだったらしいっすね…。
このアルバムが今のクラシックをふんだんに取り入れたシンフォニックメタルバンドへと
進化をするきっかけになったといってもいいだろう…。

このころは今ほどシンフォニックでもなく、かなりメタル色が強く、
クラシック、又はオーケストレーションといっても
ダークでミドルテンポ中心でKeyで作られた安っぽいシンフォニックサウンドの上に
オペラティックな男女のコーラスが入るくらいだろうか?
だからシンフォニックメタルとしてのクオリティはいまいち。
BURRN!でも書かれていたけどギターも説得力が今一つと書かれていたような気がするが、
確かにあまりギターソロの出番はなく、どちらかというとシンフォサウンドを聴かせることに
重点を置きたかったのかもしれないね。

まだRHAPSODYも出て来なかったこのころはこういうバンドは皆無に等しかったわけだし、
非常にこのアイデアは斬新だった。
当時は#2や#4なんかは良く聴いたものだ。
あと、Christopher Johnsson(クレジットにはDan Swanoの名前もあるが…)
のデスでもないどっちつかず(本人は歌いたくなかった、と
当時のライナーノーツには書かれていた)のVoが醜く、シンフォサウンドをぶち壊しているのが残念。
その悪評を知って(?)次のアルバムから何枚かのアルバムは
完全にオペラヴォーカルのみになっているがコレは正解だろう。

ただ、今の彼らの曲を聴いてしまうと
そのゴージャス感と高い完成度からこのアルバムを聴く気が起きては来なくなる。
それとこの安っぽいCGジャケットもマイナスアクションでしょう。
現在国内盤は残念ながら廃盤になっているようだ。
てかトイズファクトリーは廃盤にするのはえーよ。


1.Preludium
2.To Mega Therion
3.Cults of the Shadow
4.In the Desert of Set
5.Interludium
6.Nightside of Eden
7.Opus Eclipse
8.Invocation of Naamah
9.The Siren of the Woods
10.Grand Finale/Postludium
11.In Remembrance
12.Blacle Fairy
13.Fly To the Rainbow