Post

        

SPIRITUAL BEGGARS/Mantra Ⅲ

category - ドゥームメタル
2010/ 11/ 07
                 
Mantra III
Mantra III
posted with amazlet at 13.10.12
Spiritual Beggars
Music for Nations (2007-07-10)
売り上げランキング: 156,614




元CARCASSの現のマイケル・アモットが自分が本当にやりたかったバンドとして
立ち上げたのがこのバンドの3作目でこのアルバムだけ
日本盤はポニーキャニオンからリリースされていた
(ARCH ENEMYは本来1枚目で終わらすつもりだったんだが日本での受けがあまりによくて
活動をせざるを得なくなったとか)。
だからなんかこのバンドがサイドプロジェクトのようにも思えるが
実際はこっちがメインなんだろうな。

で、このバンドはCARCASSでもなければARCH ENEMYでもない。
70年代のロックに現代的なメタルの要素を融合させた
ドゥーム/ストーナーロックといったところか?
特異なグルーヴィなリズムと図太くかなりヘヴィなギターリフに
その70年代のプログレにあるような
オルガンが加わってがなりまくるVoが乗っかるようなサウンド。

結構このアルバムは話題にはなって今になって聴いてみたんだがね。
やっぱ自分の好みじゃないということで好きものにはたまらないけど、
そうじゃない人にとってはかなりキツイかもしれません。
時折入るツインギターなり、バックで流れるオルガンはなかなか美味しい。
そうキーボード…というかオルガン奏者にペル・ウィベルイ(DEATH ORGANってもう活動しないのかね?)
がこのアルバムではゲスト扱いだが(いずれ正式に加入する)彼の存在を忘れてはいけない。

現在VoがTIME REQUIEMの元アポロ・パパサナシオなのには驚いた。





1.Homage to the Betrayed
2.Monster Astronauts
3.Euphoria
4.Broken Morning
5.Lack of Prozac
6.Superbossanova
7.Bad Karma
8.Send Me a Smile
9.Cosmic Romance
10.Inside Charmer
11.Sad Queen Boogie
12.Mushroom Tea Girl