Post

        

KISKE/somerville

category - メロディアスハードロック
2010/ 11/ 24
                 
キスク・サマーヴィル
キスク・サマーヴィル
キングレコード (2010-10-27)
売り上げランキング: 135943


最近はメロディアスハードロックの方に色気を出しつつ、
どこそこのメタルバンドにゲストVoとして参加している
キスクの新プロジェクトなのかは知らないが、
今回は女性Voをフューチャーしている
(ちなみにISSAのVoはこのプロジェクトに落選しているらしい)。

ENTWINEの曲と同名のファーストトラックは
ノリノリのメタルナンバーなのでメロパワ方向かと思わせるような
ハードロックにしては全体的にメタリックな感じ。
相変わらずキスクのVoは衰えを感じさせずに安定している。
ファンは安心といったところか?
比率は少ないものの女性Voも負けじと美声を披露している。

しかし、この楽曲を手掛けたのは
マグナス・カールソン と マット・シナーというPRIMAL FEARのコンビだという。
正統派メタル色の強いバンドのメンバーがこの手の
しかも非常にキャッチーなナンバーの曲を良くかけたなと、それが感心だ。
曲によってはシンフォニックなアレンジがされていたりと
意外な部分を突いてくる。

ただね…個人的にはキスケ一人で十分な気がしなくもないんだよね。
女性Voは確かにいいっちゃいいんだけど、食われているようなところのなくもないし…。

お気に入りは#6(そこはPLACE VENDOMEの2ndと同じだったりするw)。
強烈な個性があるわけではないがなぜかリピート再生したくなる。


01. Nothing Left To Say
02. Silence
03. If I Had A Wish
04. Arise
05. End Of The Road
06. Don’t Walk Away
07. A Thousand Suns
08. Rain
09. One Night Burning
10. Devil In Her Heart
11. Second Chance
12. Set A Fire (Bonus Track)