Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

ARTHEMIS/The Damned Ship

category - イタリア
2010/ 12/ 29
                 
ザ・ダムド・シップ
ザ・ダムド・シップ
posted with amazlet at 13.08.25
アルテミス
マーキー・インコーポレイティド (2001-09-21)
売り上げランキング: 386,800




POWERQUESTにも在籍していたシンガーやギタリストの
元のいた(現在は確か脱退)バンドがコレ。
イタリアのメロスピバンドなんだが、
イタリアとメロスピと言うだけでLABYRINTHやらRHAPSODY OF FIRE等といった
メロスピバンドを生んだ地でもあるだけに
もう喜ばずにはいられないタチの人間なんだが
その人間の期待をはるかに裏切る音楽性をこのバンドはやられております。

いや、クオリティがあまりにも低いとかそういう話じゃなくて
演奏陣に関しては全く問題はないんだけどね。
メロディの点でわれわれの想像するようなものとは違うという事。
無駄に長いようなファーストトラックはそれほどでもないがそれ以降の曲は…。

音質はペラペラで(まぁコレはレコード会社の問題だから仕方ないが)
Voは必要以上にハイトーンシャウトをかまして鼻につく。

ギターはそれなりに弾きまくりはもったりとそれなりに魅力なことをしているつもりなんだろうけど、
肝心の曲がつまらなくてはどうにもならない。その上曲が長いと来ればもうたまったもんじゃないって。

BURRN!ではSONATA ARCTICAを引き合いに出していたが
(レヴェルはARTHEMISの方がかなり落ちると書いていたが)
嘘言っちゃいけねぇ、ただの疾走スタイルだけで例に引き合いに出したのか?
それならSONATAもいい迷惑だ(言い過ぎ?)。

ネオクラシカルなフレーズを時折かましてクサメタラーのハートをわしづかみにした
初期のSONATAのメロディとは全く違うってぇの。超騙されたよ。
あまりの曲のつまらなさに全曲まともに聴かないで速攻売り飛ばしたんだが。
まぁ今聴き直してみるとそこまで酷くはない…かな?的なところもあるっちゃある。
#3とか(全部じゃないけどね)、#4のラストとか…。
#9では「真面目~あんだってぇ~?」って聴こえる個所が…。
ただ、クサいメロディを期待するファンを思い切り裏切ることは間違いなく保証します。
DRAGONFORCE同様ギターキッズのためのアルバム。



1. Quest For Immortality
2. Voice of the Gods
3. Sun's Temple
4. Starchild
5. The Wait
6. The Night of the Vampire
7. Earthquake
8. Noble Sword
9. The Damned Ship
10. Twilight

                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。