Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

LOST HORIZON/A Flame to the Ground Beneath

category - スウェーデン
2011/ 05/ 18
                 
ア・フレイム・トゥ・ザ・グランド・ビニース
ロスト・ホライズン
ビクターエンタテインメント (2003-01-22)
売り上げランキング: 66,347




スウェーデンのメロパワバンド。
曲のクオリティの高さやVoのすさまじさ…etc
とにかく言葉で説明尽くせないほどの度肝を抜いたデビューアルバムから2作目で最終作(涙)。
今作はKey奏者を加入させ、6人体制となっている。
相変わらず、歌メロだけでなく、
鳥肌の立つすさまじいハイトーンを聴かせてくれるDaniel HeimanのVoは素晴らしいし、
漢クサいメロディをかますギターフレーズは前作同様非常に説得力がある。
何よりもKey奏者が加入したことでただの漢クサいサウンドに
重厚でシンフォニックになったサウンドはなかなか面白いと思うわ。

インスト明けの疾走一辺倒ではないものの#2や#6は悶絶ものだ。
ミドルテンポでぐいぐい押してくる#7はカッコいいですな。

ただ、今作は単純に疾走する曲よりもスロー&ミドルなテンポからアップテンポになったり
いろいろと忙しく展開する曲が大半を占め、
ドラマティックになったと表現すれば聞こえがいいのかもしれんが、
前作のような疾走曲好きの人にとっては
かなりつらいものがあるかもしれない。ましてや曲が長いと…。
曲自体は素晴らしいものなのだが、今一つリピート再生をしにくいというのもある。
Daniel Heimanじゃなければ#8はただの長いだけのかったるい曲で終わっていただろう
(最後の最後でおまけみたく疾走するのはどうかと)…。

でもアルバムの出来は決して悪くはありません。
疾走一辺倒じゃないと嫌だという人以外の人が高評価をしている理由もわかりますわ。
たった2作で終了してしまった(現地点では)というのは非常に残念でならない。




1. Transdimensional Revelation
2. Pure
3. Lost In The Depths Of Me
4. Again Will The Fire Burn
5. The Song Of The Earth
6. Cry Of A Restless Soul
7. Think Not Forever
8. Highlander (The One)

                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。