Post

        

AMORPHIS/The Beginning Of Times

category - フィンランド
2011/ 05/ 27
                 
ザ・ビギニング・オブ・タイムズ
アモルフィス
ビクターエンタテインメント (2011-05-25)
売り上げランキング: 39,143



前作はこのブログを書いた地点では
あまり好きにはなれずにいたが
よくよく聴くと#4以降もそれなりにいい曲が多くて
結構満足のいく内容だった。

んで、元AMORPHISの立ち上げたBARREN EARTHのデビューアルバムの出来が
予想以上によくて正直こっちの新作はどうなるかと不安でならなかったわけだが。

ジャケットはなぜかエッグ…、
サガフロンティア2のラスボスかってほとんどの人が忘れているか(苦笑)。

内容は彼らの持ち味の土着的ともいえるような
(かといってありがちなフォーク、トラッドバンドの
それとは明らかに異なる)独特なメロディを上手く取り入れた、
メランコリックなメロディックデスメタルをやられています。
曲によっては女性Voを取り入れたり、
また、Keyがピアノ以外でも結構曲に絡んでくる出番が多いような気がする。
ソロで電子音でのピロピロ弾く場面もあったかと思えば、全体がシンフォニックになっている曲も。
そして#5で出てくるのだが、
笛などの楽器も登場したりして、
ありがちなトラッドバンド色にアプローチしている個所もあったりする。
この曲は今作のハイライトかもしれない。

相変らずトミのクリーンで歌い上げる歌メロはエモーショナルで説得力十分だ。
前作もそれなりに傑作だったが、
今作も、前作が気に入った人は安心して気に入る作品だと思う。
個人的には一通り聴いたが「やっぱり何度も聴きこみが必要」な作品だと思った。




01. Battle For Light
02. Mermaid
03. My Enemy
04. You I Need
05. Song Of The Sage
06. Three Words
07. Reformation
08. Soothsayer
09. On A Stranded Shore
10. Escape
11. Crack In A Stone
12. Beginning Of Time
13. Heart's Song [bonus]