Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

VERSAILLES/Holy Grail

category - 日本 アジア 辺境
2011/ 06/ 26
                 
Holy Grail (完全限定生産豪華仕様盤)
Versailles
ワーナーミュージック・ジャパン (2011-06-15)
売り上げランキング: 78,327




日本のヴィジュアル系の(現在の地点では)トップの位置に君臨する(と思う)
シンフォニックメタルバンドの3枚目。
発売されるのをほんの1週間くらい前に知ってしかも初回限定盤が
非常に豪華だったので即ゲトったわけだが(HMVだったためマルチバイ価格適用のため
先日レビューした西野カナの新作と一緒なわけだったが)。

DVDの上にCDを乗っけたような仕様のトレイは
上にあるCDを上手く取らないと傷がついてしまいそうな
そんな感じであまりよろしくない。

中身は#1からファンもメロスピファンも喜びそうな
ファンタジック的な要素もある非常に濃いシンフォニックメタルだ。
#2は日本人らしいクサメロ爆発な疾走チューンなわけだが
どう考えてもこの曲の順番間違っているような…(#5か#7、8辺りが適当な気がするんだが)。
というもの、中盤以降#2や#4のようなキラーチューンがないということなんだが…。
酷い表現をすると#2でクライマックスを迎えてしまったみたいなそんな感じ。
ミドル&スローも今まで以上によくて悪くないんだが中盤以降の曲がかすんでしまって
なんか中途半端な感じもしなくないみたいな。

#7のようにモダンな作風を出してくるのは個人的にはマイナスだなぁ
(それでも彼らならではのキャッチーなメロディが出てくるのでそれだけで終わっていないんだが)。
そして今作は結構キーの高いパートがあって元々中低音を中心に歌ってたKAMIJOが
かなりつらそうに歌っている部分があったわ。もっと低いキーでできんかったのかなというのは贅沢か。

#12はギターによるインストなのかと思っていたら
7分弱から歌が入ったスロー&疾走とテンポがいろいろ変わる大曲。
それなりにクサメロ&キャッチーなサウンドなんだがちょっと引っ張りすぎな感じがする。
あと、疾走曲の(特に)サビの部分では相変わらずドラムが単調で
ツーバス連打の頻度をを多くするなりした方が迫力もあるしカッコいいと思うのになぁ…。

豪華初回特典の割にはなんだかなぁ…というものではなく
クオリティはかなり高いですよ。それなりに中盤以降もメロはキャッチーだし。
ただ、クオリティが高いだけにどうしてもそれ以上のものを期待してしまうんだろうね。
ヴィジュアル系に抵抗のある人以外のメロスピファン&シンフォニックメタルファンは
是非とも一聴してほしいと思います。



1. MASQUERADE
2. Philia
3. Thanatos
4. Flowery
5. Remember Forever
6. Destiny -The Lovers-
7. DRY ICE SCREAM!![Remove Silence]
8. Threshold
9. Judicial Noir
10. Love will be born again
11. Vampire
12. Faith & Decision
13. The Theme of Holy Grail



                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。