Post

        

GALNERYUS/Vetelgyus

category - 日本 アジア 辺境
2014/ 10/ 05
                 
VETELGYUS (初回盤: CD+Blu-ray)
GALNERYUS(ガルネリウス)
バップ (2014-09-24)
売り上げランキング: 214



日本のメロパワバンドの新作。
相変わらず賛否がわくわけだけど、
それだけ注目されているということの証でもある。
派手なオーケストレーションで壮大なインストから
J-POP的なメロディを伴ったスピードチューン#2になだれ込み、
この辺りはこの手のメロパワバンドお約束的な感じでファンは安心だろう。

アルバム聴く限りでは相変わらず
小野正利の爽快感あふれるハイトーンも健在だし
(ただそれでもちょいとつらい部分もある)、
SyuのハイテクなギターソロやYUHKIの多彩なシンセワークやソロなど
ハイクオリティな演奏陣による高品質なサウンドに
聴いててゾクゾクする感は変わりはないんだが、

今作は何か実験作をやろうとしているのか、
ディスコ調なイントロの#3とか
エピックメタルっぽいオーケストレーションなイントロから始まり、
ウエスタンなメロディが飛び出し無駄に長い#5
まんまJ-POPでサビでダンサンブルになる#9等、
好き嫌いが分かれそうな内容ではある。

ただその#5とインスト#7が個人的にピンとこなかったこともあり
(その後にバラードの#8を入れたのも原因だろう)
残念ながら中だるみをしてしまった上に、
後半もその中だるみを挽回するような曲がなく
(何か痛い、かゆいところに手が完全に届いていないというか…)
下手をしたら途中で急につまらなくなった
前々作のPHOENIX RISINGよりも満足感が低いかも。
無駄に長い曲を短く切り上げた方が印象が違ったかもしれない?


01. Redstar Rising
02. Endless Story
03. There's No Escape
04. Ultimatum
05. Enemy To Injustice
06. Vetelgyus
07. The Judgment Day (Vetelgyus Mix)
08. Secret Love
09. Attitude To Life
10. The Guide
11. I Wish
12. The Voyage