Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

IMPELLITTERI/Crunch

category - 北米・南米・豪州
2015/ 02/ 20
                 
クランチ
クランチ
posted with amazlet at 15.02.20
インペリテリ
ビクターエンタテインメント (2000-01-21)
売り上げランキング: 111,143



世界最速ギタリスト、クリスインペリテリ率いる
アメリカの様式メタルバンドの6枚目らしい。
このアルバムはリリース当初、
CD屋で視聴した際には
自分がこのバンドを一番最初に聴いたアルバム
Screaming Symphonyの様な衝撃もなく
それほど良くもなかったのでスルーしていたんだが。

改めて聴いてみたわけだけど、
全体的に音がへヴィになったというのは当時試聴した段階ですでに
知っていたんだが、メロディの部分では
まぁ#1はへヴィになったもののIMPELLITTERIらしい曲だが
それ以外はインスト#5と#9くらいがよくそれ以降は今一つ。
その上、中盤以降はらしくないモダンへヴィネス志向がメインになり
何でこのバンドもそこいらの中堅バンドが
やっているような事を取り入れないかんのかと感じた。
またなぜかラップ調の部分も入っていたりして謎すぎる。
スルーしていた理由が分かった。

チューニングを下げようがなんだろうが、ワンパターンだと言われようが
スピードチューンで押し切った方が
聴く人にとっては印象が良かったのでは?

このアルバムリリース後、しばらくVoのロブ・ロックは脱退するものの、
グラハム・ボネットをやカーティス・スケルトンという人を迎えたりした後
また戻ってきている。個人的には正解だろう。

クリスインペリテリ自身がイングヴェイのフォロワーといわれているらしいが
個人的には(同じフレーズやテクをひたすらやっているという点では同じだが)
違うような気がするんだが?


01.Beware Of The Devil
02.Turn Of The Century
03.Speed Demon
04.Wake Me Up
05.Spanish Fire
06.Slay The Dragon
07.Wasted Earth
08.Forever Yours
09.Texas Nuclear Boogie
10.Fear No Evil





                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。