Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

AMORPHIS/Far From The Sun

category - フィンランド
2011/ 09/ 30
                 
ファー・フロム・ザ・サン
アモルフィス
ビクターエンタテインメント (2008-11-19)
売り上げランキング: 350,949




現SHAPE OF DESPAIRに(多分)在籍しているPasi Koskinenが最後にVoとして参加していたアルバム。
発売当時の日本盤は(メジャーデビューしてから)唯一ビクターではなく
Virginと契約したもんだからか配給元の関係からか東芝になっており、あの忌まわしきCCCD盤でもある
(現在はビクターよりリリースされているみたいだ)。

音楽性は前作のサイケデリックの路線の延長線上の内容だろうか。
まぁ…元々サイケデリックなメロディを持っていた彼らだからこういう方向性になるということは
決して間違ったわけではないし、ごく自然な感じなのだろう。

ただ、それでも決して過去のファンやEclipse以降のアルバムしか知らない人たちを
突き放したりしたようなサウンドではなく、そこかしこに今や過去にも通じるような
土着的なトラッドメロディがそこかしこにあったりもして(中にはサイケデリック満載なのもあるが)、
サイケデリックさとトラッド的なメロディに
POISONBLACKのようなロックンロールを混ぜたようなそんな感じか?
決してその組み合わせというのは悪くはない。
Keyワークはどちらかというと80年代風のプログレッシヴロック的なアプローチをしていて
なんとなーくOPETHっぽかったりもする
(それが元メンバーがやっているBarren Earthに通じているのかもしれない?)。

個人的な感想としては思っていたほど悪くはない出来だと思う。


1. DAY OF YOUR BELIEFS
2. PLANETARY MISFORTUNE
3. EVIL INSIDE
4. MOURNING SOIL
5. FAR FROM THE SUN
6. ETHEREAL SOLITUDE
7. KILLING GOODNESS
8. GOD OF DECEPTION
9. HIGHER GROUND
10. SMITHEREENS
11. DARKROOMS

                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。