Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

SYRENS CALL/Raging Waters

category - フランス/オランダ
2011/ 10/ 03
                 
フランスのバンド。約10年ぶりの新作らしい。何でもプログレのジャンルらしいが??
Voは女性。下手でもなく、上手い方だが特に特徴はないが
聴いててキャッチーというか爽やかな感じのする歌いかた(謎)。
内容はシンセが派手に結構頑張っているシンフォニックメタルといった感じ。

#1がシンセが絡んだダンサンブルっぽいアップテンポな曲なのだが
(というか電子系のピコピコっぽいのがそこかしこに聴こえる)
メロディが今一つでつかみが弱い。
その後もメロディアスハードとシンフォニックメタルを足したようなサウンドとか、
ピアノの使い方が大衆的受けしそうな(とはいってもフィンランド系程軟弱ではないが)
ゴシックメタル的であったりもするが、
全体的には比較的ポップ感のあるメタルサウンドで聴きやすさはあるのだが、
メロディの弱さが続くために非常に残念な結果になってる。
曲も大曲があったり、全体的に長い上、
メロディがつまらないのでだらけてしまうだけでしかないんだな。
非常におしい作品だ。あと一歩、プラスアルファが欲しかったな。
演奏力はいいだけにね。今後はいいメロディ作りに精進して頂きたい。
最後の曲はそれなりにプログレッシヴ的でもある(デスVoいらんのちゃう?)が
露骨に変則拍子を駆使するようなサウンドではなく緩急をつけたドラマティックな展開をしております。




1. Hang On To Life
2. I'm Your Only One
3. Ashes of Destiny
4. Cruel Love
5. Perfidious Paradise
6. Never Come Back Home
7. Desecrated Past
8. Relapse
9. One Bloody Kiss
10. The Dance of Light

                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。