THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

GALNERYUS/Phoenix Rising

PHOENIX RISING(初回限定盤)(DVD付)
GALNERYUS
バップ (2011-10-05)
売り上げランキング: 64,947



小野正利が正式加入しての2枚目のアルバム。
DVD付きの方を買ったわけだがジャケットは豪華で
こうなってくると内容の方が心配になってくるのだが。

#1は派手なオーケストレーション付きの曲で
オープニング的な感じでまぁインストといってもいいかも
(なぜかデス声が入る)。
で#2から本編が始まるみたいな感じでしょうか…?
#2は王道のこれぞというガルネリチューン。
ただしソロでリズムチェンジをしてギターとkeyがソロで火花を散らす。
両者ともレヴェルが高いので思わず息をのんでしまいます。ただ、ちょっと長いかな。
#3は日本語の歌詞が入っているからか90年代初頭にあったJ-POP的なフィーリングを感じる。
80年代サウンドとの融合の#9とかエピック的な要素のある#10とか
ただのメロスピ、メロパワバンドよりも幅広いアプローチをしているのはこのバンドならではかな?
#2に限らずギターやKeyの高次元のソロバトルは聴きごたえがある。

ただ、サビがどこかのバンドに似ているバラードの#6以降からなんか「アレッ」的な感じで
突然メロディに面白みがなくなり、テンションが思い切り下がる。
もちろんクオリティは高し、テンションはとにかく高いことは確かなんだけど、
なんかガルネリというよりもどこかのバンドの曲を小野正利が歌っているみたいな
今一つ盛り上がれないんだわ。

#2から#5までの流れが非常によかっただけに
聴き終わった感想としては今一つ感が残ってしまったのは非常に残念だ。

相変わらず小野のVoは空を突き抜けるような
一点の曇りもなくて爽快だね。



1.The Rising
2.Tear OFF Your Chain
3.Future Never Dies
4.Spirit Of Steel
5.Scars
6.The Wind Blows
7.T.F.F.B.
8.No More Tears
9.Bash Out!
10.The Time Has Come
11.The Phoenix

[ 2011/10/09 ] | 日本 アジア 辺境
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR