THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

ROYAL HUNT/Show Me How to Live

ショウ・ミー・ハウ・トゥ・リヴ(初回限定盤)(DVD付)
ロイヤル・ハント
マーキー・インコーポレイティド (2011-12-07)
売り上げランキング: 88,376




デンマーク(中心人物のアンドレはモスクワ出身だがw)
のシンフォニックメタルバンドの重鎮の新作。
まさかのD.C. Cooper復帰作となって話題となっている。
個人的にもこのニュースは大きかったし、まさか彼が復帰して新作が出るとは思っていなかった。
ジョン・ウエストやマーク・ボールズといった
ハイトーンを駆使したシンガーもそれなりにいいこたぁいかったんだが
個人的にはどうもアンドレのサウンドにとっては彼らでは納得がいかなかった。
やっぱりD.Cじゃないとというのはもう#1の歌メロが始まった瞬間感じてしまう。
D.CのVoは決して衰えていなかったのもホッとする。

やはりファンの期待が大きかっただけに
アンドレも気合が入ったのか
楽曲の方は4作目や5作目のようなあんなひねくれたものでもなければ
ミドルテンポのドラマティックなナンバー#6の大曲以外、
前作のようなものでもなければ余計なものをやらずに
(シンセの装飾が相変わらず安っぽいというのが問題なのだが)、
派手すぎるくらいのシンセがバリバリと入りまくりの
ファンが一番求めているネオクラシカルで様式美なROYAL HUNTらしいサウンドに仕上がっていて
(中にはポップな感じのある曲もある)、
文句のつけようがないくらいに素晴らしく、
またこのギターリストもツボをついた(ちょっと弾きすぎ感もあるが)ソロを聴かせ、
一安心どころか聴いて良かった内容になっている。
もちっと聴きたいなぁ…という余韻を残して終わるのも潔い。


1. One More Day
2. Another Man Down
3. An Empty Shell
4. Hard Rain's Coming
5. Half Past Loneliness
6. Show Me How To Live
7. Angel's Gone




[ 2011/12/16 ] | ノルウェー・デンマーク
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR