Post

        

MYRATH/Tales of the Sands

category - プログレッシヴメタル
2011/ 12/ 18
                 
テイルズ・オブ・ザ・サンズ
ミラス
キングレコード (2011-12-21)
売り上げランキング: 171,413



チュニジア出身のバンド。3枚目らしいわ。
今までそんな所のバンドは知らなかった。
プログレ的サウンドに中近東系のメロディを加えたサウンドという事だけは知っていて
この手の音楽で(特にアンビエント系で)痛い目にあっているので
本来ならスルーするつもりだったのだが…。

2011年12月当時は働いているという事で内容どうこう考えず試し買いのようなもので
買ってみたもののコレが想像以上によかった。

音は想像していた通りのモダンな音像とシンフォニックな面もありつつも
ネットで書かれている通りパーカッションとかヴァイオリンとか民族的な楽器を駆使した
中近東系のメロディを存分に導入しているサウンドです。
ただ、思った以上にプログレ的なアプローチは低く(それでも結構変則拍子とかは出てくるが)
比較的ストレートな楽曲で(ただしアップテンポ以上の曲は部分的にあるだけでないに等しいのでご注意を)
イスラエルのゴシックメタルのORPHAND LANDにも通じるし、比較されても仕方がないが

このバンドに関してはそれだけで終わらせず、
そういうサウンドを派手に導入しつつも上手くキャッチーな楽曲に仕上げている。
その上、中近東的かつネオクラシカルなギターやKeyソロが飛び出したりもして
非常に聴き応えのあるサウンドになっている。
ORPHAND LANDの3枚目は正直好きではなかったが
このアルバムは聴く人を上手くつかむことに成功しているのではないだろうか?
時には力んでみたり、時にはクリーンにと表情豊かで説得力あるVoの歌メロも非常に素晴らしい。
1曲1曲の時間も6分以上ないのも好感が持てる。




1. Under Siege
2. Braving the Seas
3. Merciless Times
4. Tales of the Sands
5. Sour Sigh
6. Dawn Within
7. Wide Shut
8. Requiem for a Goodbye
9. Beyond the Stars
10. Time to Grow
11. Apostrophe for a Legend