THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

SKYLARK/Twilights Of Sand

TWILIGHTS OF SAND
TWILIGHTS OF SAND
posted with amazlet at 13.10.10
SKYLARK
RADTONE MUSIC (2012-01-11)
売り上げランキング: 262,508




イタリアのマニアには大人気のメロスピバンド、復活作なのかな?
とりあえずマニアは大喜びだろう(多分)。

ネットでも書かれているけど
Voが9人もいるそうで曲によって変わるみたいだけど、必要なん?
ジャケットもチープだが音もなんか微妙で、
#2のタイトルのTobe!というのを見てまさかと思ったら
本当に日本語歌詞による、何でも日本のアニソンのカヴァーらしいが
(何で2曲目なんだ?)で驚かされる。
まぁこのバンド…日本のマニアのおかげで活動しているようなものだし
(いや、それは断言できないが…)、相当日本人には感謝しているんじゃないかな?

それ以降はフツーの英語による
中心事物のKeyを中心としたSKYLARK節ともいえるサウンドが展開される。
とはいってもやはりそこはSKYLARK。
一応メロスピサウンドが結構比率を占めるものの、
身を乗り出したくなるほどの高揚感を得られるようなメロディはなく、
なんかかったるくなってくる。しかも無駄に長いような気もする曲もちらほら…。
適当にクサメロをかましてはただ、疾走しているだけではダメだという事だろう。
異様な曲数の多さも問題だ(それでも後半はそこそこ良かったり?)。
女性Voが9人いるというのもなんか今一つ違いがわからんし
(まぁ#10ではそれなりにわかるが…)、
曲によってはなぜか野郎も参加…。
ただの話題性以外何ものでもないみたいなのは残念だな。


01.The Tears of Jupiter
02.Tobe! Glendizer
03.The Princess and Belzebu
04.She
05.Love Song
06.Tears
07.Lions are the World
08.The Wings of the Typhoon
09.Sands of Time
10.Mystery of the Night
11.Road to Heaven
12.Believe in Love
13.Follow Your Dreams
14.Eyes
15.Tobe! Glendizer(Karaoke ver.)
16.Faded Fantasy
17.Follow Your dreams (Female voice ver.)

[ 2012/03/06 ] | イタリア
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR