Post

        

MinstreliX/Tales Of Historia

category - 日本 アジア 辺境
2012/ 03/ 19
                 
TALES OF HISTORIA
TALES OF HISTORIA
posted with amazlet at 13.10.11
MinstreliX
Stay Gold (2012-03-07)
売り上げランキング: 19,272



日本のメロスピバンドの3枚目。
メロスピマニア御用達(?)の色々なバンドやプロジェクトでは
まず名前が挙がるであろうLeo Figaroが復帰しての作品。
アニメのジャケットとメンバーの写真とのギャップが大(笑)。

前作は日本人じゃない女性Voだったのだが
力量不足の上、楽曲もよろしくなかった。

同じく購入したANCIENT MYTH/AkashicのVoが酷過ぎて
せっかくパワーアップした楽曲の足を引っ張る内容だっただけに、
このバンドにはそれなりに期待をしたんだが…。

結果から言うと、
「悪くは決してない」が「期待を大きく持つとちょっとがっかりするかも」といった感じ。
しかし、即効性の悪いアルバムだなぁ…と。
決してやっていることは悪くはなく、むしろいいのだが…。

正直VoさえひどくなければANCIENT MYTH/Akashicの方が上かもしれないといった感じ。
Leo Figaroの英語の発音の悪さは
(…いうかはっきり発音し過ぎというのだろうか?
かといって曖昧にすると2枚目以降のKNIGHTS OF ROUNDのVoみたく
イラッとくるからそこら辺が難しい)この際ともかくとして
日本語の歌詞になるとなんか気取ったような歌い方をしているのか
日本語の発音は逆に曖昧になって妙な感じ。
いや日本語歌詞を無理に省略して歌っている曲もあるから、
尚更何語で歌っているのか不明な点もある。
それでも力量はやや弱いものの音程が狂ったりしているわけでもなく
歌えるレヴェルなので十分でしょう。

煌びやかで小洒落たシンセが特徴のいかにも彼ららしいサウンドは不変で
ファンはそれなりに満足かと思われ。
そこに#4のようなGAMMA RAYのエッセンスを加えた曲もあったりもする。

音質が軽くて今一つ迫力不足な上、
#2はギターソロが妙に引っ込んでいるのも気になる。

とりあえずバロック音楽からインスパイアされた感のある
ネオクラシカルかつクサいメロディが満載のファンがこれよというメロディが満載なんだが
リズムがどうにもこうにも単調でプラスアルファが無いというのか、
迫力というものが欠けている上、
どの曲もだらだら感というのだろうか…、
キレの無さも気になる。

一通り聴いた地点では#2、#4、#11等はよかったものの、
上記にも書いたが即効性がないので、
何回か聴けば聴くたびに他の曲もメロディの良さがわかるのだが
それでも、ANCIENT MYTH/Akashic程の高揚感は得られず、
SOUL SALVATION(Akashicの最後の曲ね)に
勝る曲は残念ながら見当たらなかった。



1. Legend Eve Origin
2. The Goddess~La Liberte Guidant Le Peuple~
3. Gratia
4. JDA
5. Caterina
6. Venus And Adonis (Instrumental)
7. Sari With Mercy
8. The Minstrel~旅人~
9. La Bastille (Instrumental)
10. Bloody Rose
11. The Intellectual Rampage
12. Juliet~The Sins Of Ignorance~