Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

JEFF LOOMIS/Plains Of Oblivion

category - 北米・南米・豪州
2012/ 07/ 03
                 
プレインズ・オブ・オブリビオン
ジェフ・ルーミズ マーティ・フリードマン クリスティーヌ・ローズ イーサーン
キングレコード (2012-06-27)
売り上げランキング: 21306




元NEVERMOREのギタリストのソロ第2弾。
ダークでアグレッシヴな世界観に釣り合わないような
JEFFのネオクラシカル全開のメロディが冴えわたった傑作の前作に対して
果たして今回はどうなるのかちょっと気になったが、

やっていることはいい意味で何にも変わらない。
前作よりもアグレッションが増し
(正直デスメタル的になっている)、
邪悪な世界観を切り裂くようにJEFFのネオクラシカルフレーズが宙を舞うみたいな感じで
これが何とも心地が良い。
決してただやみくもに弾いているわけではなくメロディに説得力が伴っているだけでなく
ネオクラだけでなくキチンと泣きのフレーズも盛り込まれながら、
また非常に美しく何とも心強いものだ。
曲によっては突如としてアコースティックな部分が入ってきたりする演出もなかなか。

今作はゲストVoも入っており、Christine Rhoadesという女性VoやIhsahnが参加していて、
前者は中低音を駆使したなかなか艶のある歌声をしており、
うっとりさせてくれるし、後者はプログレッシヴデス的な様相を呈していて
コレがなかなかインパクトのあるサウンドだ。

何気にアコギのナンバーがあったりして情熱的なメロの早弾きでコレもなかなかいい感じっす。


1. Mercurial
2. The Ultimatum
3. Escape Velocity
4. Tragedy And Harmony
5. Requiem For The Living
6. Continuum Drift
7. Surrender
8. Chosen Time
9. Rapture
10. Sibylline Origin

                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。