THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

ATARAXIA/Wind At Mount Elo

イタリアのゴシック風味もあるネオフォークバンドの22枚目らしい。
リミテッドエディションというものに惹かれ購入したんだが、
ケースというものがなく、輸入盤にありがちな紙パックという…。

どことなく明るめのメロディにアコースティカルに女性Voが乗っかる優しげな曲から始まる。
途中からノイジーなギターやシンセも入ったり、この女性Voの歌い方が
フツーの歌唱からちょいとドスの効いたような歌唱まで色々な表情を出すものの
基本は購入したCD店の宣伝文通りポジティヴな雰囲気ではある。

当然それ以降の曲もポジティヴ路線でいくのかと思いきや、
そういう曲はあまり見当たらなく、パーカッションも加えて、
むしろ相変わらず呪術的なものや神秘的なものの印象が強いといった感じ。

#3とか打ち込み音が入るものもあり、最近のこのバンドを自分が知らないだけか
どこのバンドかと思うような事をやっていて驚かされた。神秘的ではあるが。
正直、どの曲も中途半端的な印象は否めず、長めの曲が多くてダレるのは確か。
ラストの曲も途中からいきなりエレクトロな部分が入り込んで何やってんだか…。


01. I Am
02. Espirito Del Agua
03. Innocence (The Same Or A New One)
04. My Lips Blow You Wind
05. She-He Renewed
06. In(k) Meditation
07. Absorbed
08. Lost Cosmonaut
09. Grace Rhythm
10. Sei L'Oro Che Ti Veste
11. Truth Explored
12. Purity Movement
[ 2014/11/13 ] | フォーク/トラッド
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR