2017年06月

        

APHASIA/Ever-lasting Blue

category - 日本 アジア 辺境
2017/ 06/ 29
                 
Ever-lasting Blue(エヴァー・ラスティング・ブルー)
aphasia アフェイジア
Bit Organization (2017-04-26)
売り上げランキング: 41,748



日本のガールズメタルバンド
(…と言いたいところだが、ベーしストは男性w)
の8年ぶりのアルバム。ミニを挟んで6枚目か?
Voは交代したようだ。

ちょっと調べてみたら
このバンド、なんでも22年の
キャリアがあるのだそうな。
95年結成のこのころってヴィジュアル系が
インディーズシーンを席巻していたころだったなぁと。
ドラムとギタリストは初期からのメンバーらしく
おそらく裏の(帯で隠れてしまっているが)
おねいさんが中心人物なのかな?


続きはこちらから



                         
                                  
        

KARFAGEN/7

category - 東欧&ロシア
2017/ 06/ 26
                 
Seven
Seven
posted with amazlet at 17.06.26
Karfagen
Imports (2015-09-18)
売り上げランキング: 534,652



ウクライナのシンフォニックロックバンド
7作目だそうでタイトルが7のよう。
でも曲数は4曲しかないのだが(苦笑)。
その辺りには特にこだわりはないようだ。

のっけから30分近くの大曲
(フツーはそのくらいの大曲は
ラストとかに持ってくるようなものなのだが…)
はレビューサイトで書かれていた通り
SF的なSEで始まるわけだが
それがひと段落すると、いわゆるネオプログレ的な
シンセをメインにピアノだの何だの
いろいろな音を出しながら、
ギターとともに美しいメロディを奏でる
ある種やさしげな雰囲気なサウンドを醸し出す。


続きはこちらから



                         
                                  
        

SERENITY IN MURDER/The Eclipse

category - 日本 アジア 辺境
2017/ 06/ 21
                 
THE ECLIPSE(ジ・エクリプス)
Serenity In Murder セレニティ・イン・マーダー
OYSTER BROTHERS RECORDS (2017-02-08)
売り上げランキング: 14,131




日本の女性デスVo擁するメロデスバンドの3rd。
AmazonでGYZEを見るとそれと似たようなバンドなのか
このバンドのこのアルバムが表示され
なかなか高い評価を得られているので気になった。
バンド名はライナー見ると略してSIMらしい。
なんか格安SIMとごっちゃになるので
急に安っぽくなってしまうし、
個人的にはあまりいい略し方じゃない(苦笑)。

壮大なインスト#1から
本編#2に繋がるあたりはまぁお約束的な感じだが
やっていることは(打ち込みだろうが)
クワイアやオーケストレーションといった
シンフォニック色の強めに
時折東洋的なフレーズを盛り込みつつも
そこに若者的なモダンなエッセンスを加えたようなもので
想像以上に完成度の高さを見せつける。
知らない人が聴くと北欧によくあるようなメロデスバンド
と勘違いしてしまうかもしれないくらい。
いや、それはそれで悪くない。


続きはこちらから



                         
                                  
        

LIONVILLE/A World Of Fools

category - メロディアスハードロック
2017/ 06/ 18
                 
ア・ワールド・オブ・フールズ
ライオンヴィル
キングレコード (2017-02-22)
売り上げランキング: 4,212
                         
                                  
        

ALPHOENIX/Final Crusades

category - エクストリームロック/メタル
2017/ 06/ 14
                 
Final Crusades (ファイナル・クルセイド)
Alphoenix (アルフィニクス)
Walkure Records (2017-04-12)
売り上げランキング: 125,480



MYPROOFの中心メンバーが集まって結成された
メロデスやらメタルコアをMIXさせたらしいバンドの
デビュー作。

メタルコアという文言があったので
拒絶反応が出てしまうのだが、
聴かず嫌いはよくないと思い
とりあえず聴いてみたのだが…。

アコギから始まり途中から
飛び出てくる音はメタルコアをベースにしながらも
メタル・メロデス寄りに複雑にした内容で
(ミックスやマスタリングがDISARMONIA MUNDIの
Ettore Rigottiというのもうなずけるのだが)
そこにメタルコアなスクリームを
なぜか日本語でわめき散らすという
(まぁゲスト参加もしているGYZEもそういう曲をやってはいるが…)
そこに日本人好みのギターフレーズが飛び出てくるという感じ。



続きはこちらから


                         
                                  
        

THE MORRIGAN/Wreckers

category - イギリス
2017/ 06/ 11
                 
イギリスのプログレバンドの1996年作で
これが何枚目になるのかは不明。
笛の音色から始まりドラムなり、フォーク・トラッド系によくある
民族楽器が入ってきて徐々に盛り上がっていくインスト
(しかしギターの音とか音量とか96年作
とは思えない程異様に古臭いのが気になる)
からスタートする。

ただのフォーク・トラッドバンドではないのが
このバンドで、そういう民族楽器による心地いい
音色を奏でながらもしっかりとひねくれたリズムを展開し
きちんとプログレをしているわけだ。

#1こそはインストだったがその後は
やや年配っぽい女性Voが(#8に関しては男性も歌うが…)
時には力強く歌い上げたり表情豊かに歌い上げる。

またシンセが登場するとシンフォニックさが増し、
そのシンセの使い方次第で
ある種の神秘的な要素も感じたりもする。
全体的にフォークやトラッド的なサウンドでありながらも
ネットで書かれているように中世的な要素もそこかしこにあり
そこにさらにプログレ的な要素が入っているという感じか。

曲によってはザビエルレコードに売られているような
ネオフォーク的な曲もあったりと
まぁいろいろな要素が詰まってて
(中には余計なものもあったりするのだが…)
なかなか興味深いサウンドに仕上がっていて
音が古臭いのが逆に魅力を増しているのかもしれない?
でも最後まで聴いて個人的には
フォーク/トラッド色が強いサウンドが
一番好きだということが分かるのだった。



01.The Miller's Dance
02.Yarrow
03.The Wreckers
04.Banks Of Green Willow
05.Cold Haily Windy Night / Drowsy Maggie
06.The Agincourt Carol / La Rotta
07.Cold Blows The Wind
08.Wheels Turning
09.When The Rain Comes Down
10.Dark Girl Dressed In Blue / The Doubting Page


Wreckers
Wreckers
posted with amazlet at 17.06.08
Morrigan Music (2011-11-16)




                         
                                  
        

FREEDOM CALL/Master of Light

category - ドイツ
2017/ 06/ 08
                 
マスター・オヴ・ライト
フリーダム・コール
マーキー・インコーポレイティド (2016-11-30)
売り上げランキング: 17,787



ドイツのメロパワメロスピバンド。
皆が言うようにひどいジャケットで
これだけで敬遠する人も多いような気もする。
日本盤もでているというのにだ。

まぁ、ジャケットは悪くても
中身はそれに反していいだろうというのであれば
いいのだが、残念ながら今作に関しては
どうもそういうわけにもいかなかった。

このバンドといえば
クサいメロディながらもひたすら明るく
疾走一辺倒な曲が並び
派手なクワイア(時にはオーケストレーション)が
飛び出して曲を盛り上げるという
お約束の要素というものがあるのだが
今作はどうもそれから変化を付けてきてしまっている。



続きはこちらから


                         
                                  
        

IVANHOE/7 Days

category - プログレッシヴメタル
2017/ 06/ 05
                 
7 Days
7 Days
posted with amazlet at 17.05.31
Ivanhoe
Imports (2015-12-18)
売り上げランキング: 612,612



ドイツのプログレメタルバンド。
何作目かは分からないがまだ地味に活動をしていたのかと
(いや、自分が知らないだけだったんだが…)。
やっぱりこのバンドも昨今のモダン志向をモロに受け
(前からへヴィではあったがここまでな音ではなかった)、
音的には非常にへヴィになっている。
いや、へヴィな音になったのは
どうも今作に始まったことではないようだが…。
そしてやっていることは若干の変装拍子を絡ませながら
ひたすらミドル&スローテンポ主体のサウンドを展開…。


続きはこちらから


                         
                                  
        

ATLAS PAIN/Where The Oak Left

category - ペイガン/ヴァイキングメタル
2017/ 06/ 01
                 
What the Oak Left
What the Oak Left
posted with amazlet at 17.05.25
Atlas Pain
Scarlet Records (2017-03-10)
売り上げランキング: 83,130



イタリアのヴァイキングメタル
これがデビューアルバムらしい。
美麗ジャケットに惹かれて聴いてみたが
ピアノによる暗いインストから始まるので
なんか地味でブルータルな面が強いサウンドを
どうしても想像してしまうのだが
徐々に派手なシンセやクワイアを入れてきて盛り上げていくので
もしやこれはそういうタイプではないのではないかと期待させる。


続きはこちらから