2017年01月

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

MORS PRINCIPIUM EST/Emers of a dying world

category - メロディックデスメタル
2017/ 01/ 31
                 
エンバーズ・オヴ・ア・ダイイング・ワールド
モルス・プリンシピアム・エスト
マーキー・インコーポレイティド (2017-01-25)
売り上げランキング: 809



フィンランドのメロデスバンド。
3枚目を一番最初に聴いたので
てっきりこのバンドも昨今流行っている
ワンパなモダンメロデスかと思っていたのだが
前作を聴いた限りだとどうもその手のバンドとは違って
むしろオーソドックスなメロデスに近いサウンドだという事に
気付かされたし、その前作はナメてかかっていた事もあってか
中々良かったわけで今作も聴いてみる。

なんかいつになくジャケットがブルータルなのが気になるのだが
怪しくも壮大なオーケストレーションのインストから始まるので
なんか今までと違うものをやられるのだろうかと
気持ちが動揺してしまうのだが…



続きはこちらから


            
スポンサーサイト
            
                                  
        

SILENT SCREAMS/When It Rains

category - メタルコア/モダンロック系
2017/ 01/ 28
                 
When It Rains
When It Rains
posted with amazlet at 17.01.12
Silent Screams
Imports (2011-11-01)
売り上げランキング: 886,508



ドイツにはSCREAM SILENCEというゴシックメタルバンドがあるが
ほぼ単語を逆にしただけというイギリスのメタルコアバンド。
音はクリアーで音は眠くなることも無いくらい
目が覚めてしまうくらいかなり攻撃的なサウンドで
そのSCREAM SILENCEとは全く違う(当然か)。

ただ、メタルコアという割には
ありがちな疾走&サビでエモーショナルコーラス
というパターンになるかと思ったら
確かになるっちゃなるんだが、
この手のジャンルにしては結構複雑な音楽性だったので
ちょっと意外だった。


続きはこちらから



                         
                                  
        

SCREAM SILENCE/Saviourine

category - メランコリックロック
2017/ 01/ 24
                 
Savourine
Savourine
posted with amazlet at 16.12.27
Scream Silence
Plainsong



ドイツのゴシックメタルバンド。
前作が眠かった印象が強くてガッカリさせられたものだが
懲りもせず次作であるこのアルバムも聴いてみる。
相変わらずドラムが軽く、ギターが奥に引っ込んだ丸い音で
メタルとアンビエントの中間のようなロックサウンドで
シンセとかそっち系を前面に出したある種小洒落で
ピロピロシンセを始めエレクトロ色が強く
ナルちっくでマイルドなVoは相変わらず。


続きはこちらから


                         
                                  
        

COFFEINNE/Circle of Time

category - スペイン・ポルトガル
2017/ 01/ 19
                 
Circle Of Time
Circle Of Time
posted with amazlet at 17.01.14
COFFEINNE
Bickee Music (2017-02-22)
売り上げランキング: 32,963



スペインのメロパワバンド。
ノリノリのキャッチーな#1が想像以上に良かったので
思わず聴き入ってしまったという…。
なんか聴き覚えのあるようなシンガーかと思ったが
個人的には全然知らん人やった。
何でもAIRLESSというバンドにいた人だったらしい。
ジャケットだけを見るとプログレッシヴメタルのようだが
中身はそんな難解な要素は皆無で
耳を惹きつけるキャッチーな歌メロを
前面に出してモダンな要素を加えた
メロディックメタルといったところだろうか?


続きはこちらから




                         
                                  
        

TEARS OF TRAGEDY/Statice

category - 日本 アジア 辺境
2017/ 01/ 15
                 
STATICE(スターチス)
STATICE(スターチス)
posted with amazlet at 17.01.12
TEARS OF TRAGEDY ティアーズ・オブ・トラジディー
OYSTER BROTHERS RECORDS (2016-12-07)
売り上げランキング: 1,313



デビューアルバムは女性Voとギター、シンセ奏者の3人体制で
ドラムが打ち込みで大したことのない内容だったが
続くセカンドでリズム隊を加えて飛躍的にレヴェルアップした
シンフォニックメタルバンドの3枚目。
前作が個人的には音質以外あまりにも内容が良かったがために
ハードルを上げすぎた感が強くて正直心配だったわけだが。

今作は、前作の内容からメジャーデビューを期待してたのだが
そういうわけにもいかなかったようで再びインディーから
轟音の様な音質は改善されていて非常に聴きやすく、
ある種耳障りのいいサウンドになっている反面
軽い印象も受ける。但しこれは全然問題のないレヴェル。

今作もシンセによるインストから始まるが、
ニューウェーヴ的な音でアルバム全体がそっち方向なのか不安を感じたが
いざ本編#2が始まった途端その不安はかき消される。
曲やメロディは前作の延長線上で
ひとひねりふたひねりさせて日本人好みのサウンドに仕上げている所は流石である。
今作は前作よりも明確に明るめの曲があったりもする。



続きはこちらから



                         
                                  
        

DREAMTALE/Seventhian...Memories Of Time

category - フィンランド
2017/ 01/ 12
                 
セヴンシアン...メモリーズ・オヴ・タイム
ドリームテイル
マーキー・インコーポレイティド (2016-11-23)
売り上げランキング: 21,290




フィンランドのメロスピバンド。
アルバムを重ねてるごとに成長…しているはずなんだが
そういう事も無くかといって下手になっているわけでもなく
なんか中途半端な位置でくすぶっている感は否めないみたいな。

今作はコンセプトアルバムじゃないのか不明なのだが、
ほぼツーバス疾走曲やGAMMA RAY的な
アップテンポのノリのいい曲を集めていて
なかにはエレクトロニックな色の強い#7の様なものあるが…。
音楽的にはマンネリを解消すべく冒険をして
仇になりましたという事も無い。


続きはこちらから



                         
                                  
        

THE BADGE/Le Relazioni Pericolose

category - その他ヨーロッパ
2017/ 01/ 07
                 
Relazioni Pericolose
Relazioni Pericolose
posted with amazlet at 17.01.04
Badge
Imports (2015-03-24)




イタリアのプログレバンド。一応これがファーストらしいのだが
彼らのキャリアは40年くらいあるのだそうな。
怪しさ満点の絵(いやそれは太陽なのか月なのかに顔があるだけなのだが)
のジャケットが非常に気になって聴いてみた
(なぜかAmazonでは18禁になっているのもおかしいのだが…??)。

音の内容はピアノを始めネオプログレ・ポンプっぽかったり
オルガンだったり、メロトロンあったり
様々な音を出しながらもとにかく派手である。
逆にギターの音はどこか古臭く、
ドラムの音も同様になんか古臭い。


続きはこちらから



                         
                                  
        

LOUISA JOHN-KROL/Ariel

category - ニューウェーヴ/エレクトロニカ
2017/ 01/ 04
                 
Ariel
Ariel
posted with amazlet at 17.01.02
Louisa John-Krol
Prikosnovenie (2008-11-04)
売り上げランキング: 1,226,929



オーストラリアの女性アーティストの1st。
やっている事はアコギ、フルートをはじめとする管楽器に
パーカッションや民族楽器を使った
いかにもなフォークトラッドサウンドに
エレクトロニカ要素を加えてニューウェーヴなサウンドにした上に
時には弦楽器をフューチャーしてムーディな要素を加えたというもの。
この手のサウンドにありがちな打ち込みではなく
生の管弦楽器を使用しているのは大きい。

アルバム前半はトラッドやフォーキーな部分を前面に出しつつも
打ち込みサウンドを取り入れたニューウェーヴサウンドだが、
アルバム中盤からラスト2曲前まで打ち込み的な要素はなりを潜め
アコースティカルな方向性で
民族楽器をはじめフルートとかそっち系の
他のトラッド系のサウンドとあまり個性を見いだせないような
フォーキーかつトラディショナルなサウンドを展開するようになる。
アルバム全体としてもニューウェーヴ色はリズムくらいで
このアルバムに関してはどちらかというと
フォークトラッド色の濃い内容と言ったところか?

パーカッションなり、打ち込みリズムを刻む曲は
まだいいんだが、そういうのがなく
アコースティカルで長い曲になると正直退屈になるのも確か。
女性Voによる歌い方がミステリアスなものも手伝ってか
幻想的な世界観を表現しているのは上手いなぁとは思うのだが
7分なり8分なりというのが続くのはちょっとどうかと…。


01. Blackbird
02. Red Balloon
03. Numl the Wren Tear
04. Nobeliu's Garden
05. Beads of Rain
06. The Seagiant
07. Ariel
08. Alice in the Garden of Live Flowers
09. Tale of a Thorn
10. Salamander
11. Anemoue Falling
12. Sentinel


                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。