2016年03月

        

PINK SAPPHIRE/P.S. I Love You

category - J-ROCK/J-POP
2016/ 03/ 31
                 
4人組ガールズロックバンドのデビューミニ(なのか?)。
いかにも時代を感じさせる格好をしていて
当時のスケバン(死語)は良くこんな髪型をしてたなぁと。

たまたまBe-Bの動画(音だけど)の後にこのP.S. I Love Youが流れ
初めてこのバンドの存在を知っただけでなくなかなか衝撃的なものもあり
(というかV見るとツーバス使用しているのも驚かされる)
シングルをオクで購入したわけだがアルバムもあったのは初めて知る。


続きはこちらから


                         
                                  
        

MYRATH/LEGACY

category - プログレッシヴメタル
2016/ 03/ 27
                 
レガシー~遺産の伝承者
ミラス
キングレコード (2016-03-23)
売り上げランキング: 766



モダンな音像にアラビア音楽を上手く融合させた
チュニジアのプログレメタルの新作。
白地に金色でクリオネと取るか…ととるか
(そんなのを想像するのは、多分志麻子さんと自分だけかw)な
モチーフにしたジャケットなわけだが…。


続きはこちらから


                         
                                  
        

KELLY SIMONZ'S BLIND FAITH/AT THE GATES OF A NEW WORLD

category - 日本 アジア 辺境
2016/ 03/ 21
                 
AT THE GATES OF A NEW WORLD
AT THE GATES OF A NEW WORLD
posted with amazlet at 16.03.13
Kelly SIMONZ's BLIND FAITH
キングレコード (2015-07-01)
売り上げランキング: 9,318




超絶ギタリストKelly SIMONZを中心とした
ネオクラシカルバンドの新作。
ネットではなかなかの好評である。
シンセとKellyのインギーっぽいギターソロによる
らしいインストからスタートして今作も否が応でも
期待をさせられるのだが、続く#2は疾走ネオクラスカルナンバーで
ファンを決して裏切らない作品である事を証明しているかのようだ。
今作も前作同様、実力のあるYama-Bをゲストヴォーカルに迎えて
ちょっとオペラちっくにそして力強く歌い上げる部分などは非常に心地よい。



続きはこちらから


                         
                                  
        

HEIDEVOLK/Velua

category - ペイガン/ヴァイキングメタル
2016/ 03/ 20
                 
Velua
Velua
posted with amazlet at 16.02.14
Heidevolk
Napalm (2015-04-07)
売り上げランキング: 321,950




オランダのペイガンメタルらしい、5枚目。
この手にありがちな(?)SEやらインストの小曲はない。
前半こそはギターを前面に出したサウンドでアップテンポ&疾走曲を入れながら
時折アコギだのヴァイオリンだのを入れて優雅でムーディな部分もあり。
パートによってはこのヴァイオリンがいい味を出していたりもする。
基本はお経の様なゴシックメタルにあるような低血圧なVo
(時にはデスだったりスクリームだったりする)やコーラスが
歌い上げて漢らしいサウンドを否が応にも聴かされる(笑)。


続きはこちらから



                         
                                  
        

FLESHGOD APOCALYPSE/King

category - メロディックデスメタル
2016/ 03/ 04
                 
キング【初回限定盤CD+BONUS CD/歌詞対訳付き/日本語解説書封入】
フレッシュゴッド・アポカリプス
SMD itaku (music) (2016-02-05)
売り上げランキング: 7,290




イタリアのメロデスバンド。
前作はとにかく"速い"という印象が強かったこのバンド。
いつの間にか新作が登場していて
今作はなんでもコンセプトアルバムらしい。
ジャケットが非常に説得力のある絵である。
鼓笛隊のようなインストから壮大なオーケストレーション
そしてブラスト疾走というまぁお約束とも言えるパターンになだれ込む。


続きはこちらから