THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

服部祐民子/愛してくれなかった人達へ

愛してくれなかった人達へ
服部祐民子
ソニー・ミュージックレコーズ (1994-09-21)
売り上げランキング: 1,067,901



女性シンガーソングライターのデビュー曲。
まずタイトルが凄い。
そして歌いだしも~愛してくれなかった人たちに
今日でさよなら~ときたもんだ。
なんかすごく暗くて悲しくなるような曲をイメージさせるのだが
メロディは歌詞と真逆に明るくアコースティカルな曲となっている。
そこに若干けだるく歌い上げながらも
説得力のあるこの方のVoが乗っかるわけだが…。
考えようによっては「愛してくれなかった人たち」
への卒業ソングの様なものなのだろうか?
個人的には卒業ソングという軽いくくりはしたくないものだが…。




これが当時リリースされた時は、
あぁこんな曲が出たんだ、
ちょっと変わった歌を作る人がデビューしたんだ
そんな感覚しかなくて正直スルーしていたんだが、

これが20年以上たった今になってフルで聴きたくなり、
たまたまネットの中古店にあったので購入。
今自分の立場や状況の様なものがあるのだろう、
歌詞にものすごく共感でき、彼女の歌声がグサグサと心に突き刺さるというか
決して暗いメロディではないのになぜか泣けてくるという…。
彼女の曲にアドバルーンという曲の動画のコメントに
当時聴いたときよりも今の方が自分に重なってしょうがないって書いてあったけど
そのアドバルーン同様に自分はこの曲も今の自分に重なっているという…。
歌詞といい曲といいよく出来た曲だと思いました。



[ 2015/12/31 ] | 懐メロ

LEAVES' EYES/King Of Kings

King of Kings
King of Kings
posted with amazlet at 15.12.27
Leaves' Eyes
Afm Records (2015-09-18)
売り上げランキング: 5,269



前作はトラッド色に色気を出してあまり好きじゃなかったのだが、
今作はその路線の延長線かと思ったが、
まぁ前作とやっていることは大体同じ。
確かにDEAD CAN DANCEのような部分もあったり、
バグパイプをはじめとした民族楽器も登場はするも
全部の曲でトラッド色を出しているわけではないが…。
暗黒度は女性Voの旦那のデスVoくらいに抑えた
(というかいつも思うがこの旦那の存在は必要なのか…?)
シンフォニックゴシックメタルといった感じ。

要所にオーケストレーションや、クワイアを用いて盛り上げる。
そこにふわふわ感のあるVoが乗っかる感じで
怪しさやダークさはほとんど感じられず、
非常に耳当たりの良く、壮大なスケールを感じさせるそんなサウンド。
問題は全体的に美しいサウンドだけど、
これといった耳に残るメロディがなく、
全てが右から左にに流れるだけで終わってしまう
そんな感じがする。まぁこれは今に始まったことじゃないかもしれんが。
#10は途中でメロパワになるんだがこれはどうなんだろう…。

なんでもこのアルバム2枚組があるそうで
アコギVerやインストが収録されているそうな。


1. Sweven
2. King of King
3. Halvdan the Black
4. The Waking Eye
5. Feast of the Year
6. Vengeance Venom
7. Sacred Vow
8. Edge of Steel
9. Haraldskvædi
10. Blazing Waters (feat. Lindy-Fay Hella / WARDRUNA)
11. Swords in Rock
12. Spellbound
13. Trail of Blood



[ 2015/12/29 ] | ゴシックメタル

DIESEAR/Ashes of the Dawn

Ashes of the Dawn
Ashes of the Dawn
posted with amazlet at 15.12.13
Diesear
Total Metal Records (2015-12-11)
売り上げランキング: 173,838



台湾産のメロデスバンド。
禍々しいインストからスラッシュビートを主体とする
メロデスになだれ込む。
このバンドはスラッシュビートを主体としながらも
スラッシュビート一辺倒ではなく、アップ&ミドル&スローテンポなど
コロコロとリズムチェンジをして結構複雑な展開をみせる。
決して今風のモダンなワンパターンなメロデスではないのは好感が持てるが。

シンセに頼らずギターによるメロディがメイン。
ときにはツインギターにもなる。
長ったらしい大曲はなくコンパクトにまとめている。
若手のバンドらしいがそれにしてはクオリティの高さは驚くのだが
問題はメロディの弱さでそれがどうも気になってしまう。

ブルータルなデスラッシュサウンドがメインで
メロディは二の次と考えているのかそれは不明だが、
にしては極端にブルータルと言う程でもなければ
メロディの中途半端な感は否めないなぁ。
ワンパターンなデスVoもマイナス点。
今後はその2点が改善することで大化けする可能性は十二分にある。

ラストは悲しげなアコギのインストで、これがなかなか泣かせるねぇ…。


01.Faith In Ares
02.Shadows Of Grey
03.Fearless
04.Silent Division
05.Corrode My Soul
06.Dying Dust
07.Breath Remain
08.Until The Light
09.Blazing Wings
10.Falling Ashes


[ 2015/12/19 ] | メロディックデスメタル
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR