2015年05月

        

PARADISE LOST/Plague Within

category - ゴシックメタル
2015/ 05/ 30
                 
プレイグ・ウィズイン
パラダイス・ロスト
マーキー・インコーポレイティド (2015-05-27)
売り上げランキング: 9,289



イギリスの重鎮の新作。
前々作あたりから徐々に見せていた
へヴィな音像は今作も受け継がれており
前作の延長線上にある作品ながらより重々しく
よりドゥーミーになり、その上完全なデスVoまでフューチャーされており
完全な原点回帰かのような作品に驚かされた。
初期のファンにとっては願ってもない作品なんだろうし
中期の頃のニューウェイブ的なサウンドしか知らんという人にとっては
この作品は衝撃的な内容かもしれない?
決してきれいにまとめようというものがなく結構生々しい。

メロディに関しても攻撃的な印象が強いものの
曲によってはピアノやらヴァイオリン等を取り入れて
沈み込むような叙情的な演出もあるっちゃある。
うっすらとクワイアを入れてより不気味さを強調する曲も。
そういう曲に関しては前作よりも意外ととっつきやすいかもしれない?


01. No Hope In Sight
02. Terminal
03. An Eternity of Lies
04. Punishment Through Time
05. Beneath Broken Earth
06. Sacrifice the Flame
07. Victim of the Past
08. Flesh From Bone
09. Cry Out
10. Return To the Sun


                         
                                  
        

助け人走る 藤田まことの圧倒的な存在感を見せつける同心大疑惑

category - 時代劇鑑賞
2015/ 05/ 23
                 
この回がオンエアされる前日には
すでに次の回をやっていたので
残念ながら見逃した…と残念な気持ちで
テレ玉でやっている助け人走るを観ていると
冒頭から中谷一郎扮する辻平内を嗅ぎつけているのが
どうみても藤田まことだったのでまさかとは思ったが
どうやら昭和の日という休日にあえてこの回をもってきたっぽい。
テレ玉は粋な計らいをするものだと。


てっきり藤田まこと扮する中村主水は
田村高廣扮する中山文十郎と一騎打ちをする部分だけの出演かと思いきや
最初から最後までゲスト出演しており、
この回はほぼ主役といってもいいくらいの存在感を見せつける。

その反面中盤で主水と一騎打ちした中山文十郎の目立った活躍は
それだけでこの回は辻平内のほうがメインで活躍するという感じで
(回によってどちらかが極端な時がありこの回はそれが顕著だ)
田村高廣好きな人にとっては物足りなさを感じなくもないかも?

最後助け人により中村主水が手柄を立てるときに
助け人のテーマではなく、あえて前シリーズの仕置人のテーマを使用したのは
ニクい演出だろう。ぜひ観たい作品だっただけに
この回を観ることが出来て本当によかった。


                         
                                  
        

WITHIN TEMPTATION/The Heart of Everything

category - モダンヘヴィロックゴシックメタル
2015/ 05/ 02
                 
Heart of Everything
Heart of Everything
posted with amazlet at 15.05.02
Within Temptation
Roadrunner Records (2007-07-24)
売り上げランキング: 43,658



オランダのシンフォニックゴシックメタルバンドの4枚目。
前々作、前作と回を重ねるごとに強まってくる
EVANESENCEらしさを今作でさらに強めた作風で
好ききらいがかなり分かれそうな感じ。

耳触りのいいオーケストレーションをバックにして
モダンなギターとどの曲も似たり寄ったりなオルタナ風の横ノリのリズムに
曲によってはデスVoやラップ風の野郎のVoが入ったりした
へヴィロックがベースなのでなんだかなぁといった感じ。

表情豊かな女性Voは相変わらず美しいし、
もちろん壮大なスケール感には圧倒されるんだが、
この手のサウンドがどうにも受け付けない自分としては
今一つのめり込むことが出来ず、右から左に流れるだけでしかない。
アップテンポなリズムの曲を入れてみるとか
泣きにこだわったメロディが冴える曲とかがあれば別なんだが、
そんな中#6や明るめのサビの#9は耳を惹きつけられた。



01.The Howling
02. What Have You Done
03. Frozen
04. Our Solemn Hour
05. The Heart of Everything
06. Hand of Sorrow
07. The Cross
08. Final Destination
09. All I Need
10. The Truth Beneath the Rose
11. Forgiven