THEATER OF AUTUMN

メタルを中心に音楽感想と時代劇感想 リンクフリーです

TEARS OF TRAGEDY/Continuation of the Dream

Continuation Of The Dream / コンティニュエイション・オブ・ザ・ドリーム
TEARS OF TRAGEDY / ティアーズ・オブ・トラジディー
Walküre Records (ワルキューレ・レコード) (2013-12-04)
売り上げランキング: 43,904



日本の女性Vo擁する(歌詞は日本語)5人組の
シンフォニック色の強いメロパワバンド。
前作はドラムが打ち込みな上、1曲以外ピンとこなかったこと
清涼感のある女性Voと流麗なギターが耳を惹いたくらいだったが
今作はメンバーを2人増やしドラムも打ち込みではなくなったのは大きい。

サンプルを聴いた限りではかなりの期待が持てたので
(サンプルではよかったのに実際聴いたら大したことがないという
ものがおおいんだが…)実際聴いたらサンプルの地点での期待通り。
とにかく前作を大きく上回る日本人好みのメロディ
(つーかJ-POP的ともいえる)やクラッシックなフレーズを
これでもかと言わんばかり連発して驚かされる。

音の方はインディーズであることもあるからかちょいと悪いが
前作のような薄っぺらさはない。
また前作のようにどの曲も似たようにひたすらメロスピ疾走するのを控え、
大抵の曲はアップテンポ止まりな上(ミドルテンポやバラードは本編にはなく
あるのはボーナストラックだけというのはありがたい)、
メロスピ疾走する曲もサビくらいに抑え、
#3はちょいとプログレアプローチなものもあったりする。
今後はこっち系に色気を出すのかは不明だが、
あまり変化はしてほしくないなぁというのが個人的な感想。

あと、大曲#9はオペラティックな部分があったり
なかなか面白いことをしているんだが
最後の方ではこの手のサウンドにありがちなデスVoを入れるので
似たようなことをこのバンドもやるのかとそれはちょっと受け入れられんなぁ…。
とはいえ、捨て曲が1曲がない
(#11以外スロー&ミドルテンポがないのもこうポイント)というのには驚きで
日本語に拒絶反応のない人には絶対に聴いてほしいアルバムであることは確か。

ボーナストラックという#11はアコギをバックに女性Voが
本編では聴かれない中低音で歌いあげるちょっと意外なナンバー。

01.Continuation of the Dream
02.Euclase
03.Stay With You
04.Rebirth
05.It Like Snow...
06.Spring Memory
07.Another World
08.Falling Star
09.Prison of Abyss
10.Voice
11.星の砂

[ 2014/08/30 ] | 日本 アジア 辺境

LACRIMAS PROFUNDERE/Antiadore

Antiadore
Antiadore
posted with amazlet at 14.08.23
Lacrimas Profundere
Napalm (2013-06-11)
売り上げランキング: 331,966



初期のころはドゥーミーなゴシックメタルをやっていたバンドも
徐々に毒気をなくし、より聴きやすく大衆寄りのサウンドに変貌してきたのだが
久々の新作は、ピアノを伴ったHIMとかのような
ノリノリのアップテンポなゴシックロックナンバーからスタートして度肝を抜かされた。
そういう曲を中心としているのかと思ったのだが、そうでもない。


続きはこちらから

[ 2014/08/23 ] | ゴシックメタル

OPETH/Pale Communion

Pale Communion(CD+Blu-Ray)
Pale Communion(CD+Blu-Ray)
posted with amazlet at 14.08.17
Opeth
Roadrunner Records (2014-08-25)
売り上げランキング: 3,116



スウェーデンのプログレバンドの新作。11枚目。
前作はデス要素だけでなく、メタル要素まで排して
完全な70年代のプログレサウンドになってしまったわけだが、
今作もその流れを受け継いでいる。相変わらず、動と静を使い分け
緩急をつけてところどころでは変速拍子を織り交ぜた、
一筋縄ではいかない展開をみせる。音は結構へヴィ。

オルガンをはじめ、メロトロンなども鳴り響き、北欧ならではと言われる
抜け道のない樹海に入り込んだような
どことなく陰りのある叙情的メロディに流麗なギターソロや
手数の多いドラムなどが耳を惹きつける。

また部分的にサイケデリックだったりはともかく
歪んだオルガンによるものなのだろう、DEATH ORGANとでもいうのか
(Per Wibergがこのバンドに在籍したこともあるだろう)
ストーナーロック的な部分もあったりしたのが意外だった。


01. Eternal Rains Will Come
02. Cusp Of Eternity
03. Moon Above, Sun Below
04. Elysian Woes
05. Goblin
06. River
07. Voice Of Treason
08. Faith In Others

[ 2014/08/18 ] | 北欧

NOCTURNE MOONRISE/Into The Romaunt

台湾の女性シンセ奏者擁するシンフォニックメタルバンド。
これが1stらしい。
個人的にはSERAPHIMのようなソプラノVoと男性デスVoによる
ツインVo体制のそれかと思っていたが
(ライナーの特殊メイクからしてそれを想像させるのだが)
ひたすらクサいメロディをかましながらも
のっぺりとしたあまり上手くないノーマルVoがひたすら歌い上げる
メロパワでやんした。
いわゆるRHAPSODY OF FIREや初期のDARK MOORとかあのあたりのサウンドだ。

まぁ、女性Key奏者によるシンセワークが結構派手な上に
(ツボをついたテクニカルなソロもそつなくこなしてニンマリしてしまう、
それに対してギターソロは非常に粗い)、
上記にも書いたようにそれなりに日本人好みのメロディ満載なんだけど、
1つの曲が7分以上ある曲ばかりで
まだ楽曲の練りが甘い上、Key以外のパートが今一つなレヴェルの演奏陣で
この大曲志向は逆に大きなマイナス要因だと思われる。
RHAPSODY OF FIRE程のレヴェルな話なら別だが。
やりたい事はわかるんだけど、ダレずに聴ける程のハイレヴェルではなく、
正直、聴いてて退屈感は否めなかった。長いと感じるようではまだまだという事だ。
明らかに日本を意識していると思われるメロディはいいものを持っているだけに
曲を平均3分以上短くするべきだったんじゃないかな。


01.Into the Romaunt
02.Alchemy
03.Heroic
04.Liberty
05.Gate Of Expectancy
06.Tears from...
07.Faded Memory
08.Gardian Of The Fate




[ 2014/08/08 ] | 日本 アジア 辺境
検索フォーム

プロフィール

死神の弥三

Author:死神の弥三
主に激し目の音楽の聴いた感想(アテにしないでください、火傷しますw)を書いています。ここではそれだけです。





このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめCD

クロース・トゥ・ザ・サン

Syncretism

Aathma

Blueprints

セイント・オブ・ザ・ロスト・ソウルズ

よろしくお願い致します





続きはこちらで…
リンクバナー



FC2 Blog Ranking



  • SEOブログパーツ


カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

スポンサ

月別アーカイブ

おしゃべり時計

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

QRコード

QR