2014年05月

        

EPICA/Quantum Enigma

category - モダンヘヴィロックゴシックメタル
2014/ 05/ 28
                 
Quantum Enigma -Digi-
Quantum Enigma -Digi-
posted with amazlet at 14.05.28
Epica
Nuclear Blast Americ (2014-05-01)
売り上げランキング: 1,601



オランダのモダンメロパワゴシックメタルバンド。
クワイアを加えた映画音楽のような壮大なオーケストレーションの#1から始まる
ただ本編#2以降は昨今の彼らのやっている音楽性に大差なく、
オーケストレーションやクワイアを多用した
モダンなメロパワ色の強いゴシックメタルをやっている。
と書いたのも、シンフォニックで攻撃的なサウンドが勝り、
今一つ耽美的な部分というのは感じられないのだが…、
曲によってはスピーディーに疾走もする
(まぁそういうのは毎度のことなので驚きもないんだがw)
女性Voがメインではあるが曲によってはデスVoの比率が高い曲も登場する。
要所要所でクワイアが曲を盛り上げながら
ドラマティックな展開を見せるのは今までと一緒である。

ただ、今作はただ激しいだけでなく、それなりにメロディが良かったりして
確かにあまり好きなタイプのサウンドではないものの、
今作は女性Voの歌メロ等が聴きごたえがそれなりにあったりもする。
なんか妙な説得力があるのも事実だ。

このバンドのメンバーがやっているMAYANと似たような音楽性だが
こっちの方がオーケストレーションが派手だとか
その程度の違いしかないというのは残念だ。
ただ、MAYANが気に入った人はコチラも気にいる事だろう。


1. Originem
2. The Second Stone
3. The Essence of Silence
4. Victims of Contingency
5. Sense Without Sanity (The Impervious Code)
6. Unchain Utopia
7. The Fifth Guardian (Interlude)
8. Chemical Insomnia
9. Reverence (Living in the Heart)
10. Omen (The Ghoulish Malady) Janse
11. Canvas of Life
12. Natural Corruption
13. The Quantum Enigma

                         
                                  
        

DELAIN/Human Contradiction

category - モダンヘヴィロックゴシックメタル
2014/ 05/ 12
                 
Human Contradiction -Ltd-
Human Contradiction -Ltd-
posted with amazlet at 14.05.12
Delain
Napalm (2014-04-03)
売り上げランキング: 4,682




オランダのモダンゴシックメタルバンドの4枚目。
前々作が若干最近のEVANESENCEを意識した
WITHIN TEMPTATIONから離れた作品だったにもかかわらず
前作はまたそっち方面に回帰してガッカリした小生なので
今作も全く期待してかなったが…。

ピアノとつややかな女性Voによるバラードのような部分がしばらく歌った後
ヘヴィなギターと横ノリのリズムで前作よりも
さらに攻撃的なサウンドになったみたいな?
相変わらずこういう音楽性が好きな人以外の人には受け付けないみたいな。

特に#1でこういう音楽で来られるとつかみも悪い。
その後はそういうEVA色をちらつかせながらヘヴィなギターを中心に
それなりにオーケストレーションやら野郎&デスVoも入れながらも
ダークな部分を混ぜながらも
キャッチーなメロディもそれなりにあったりして
彼らなりの世界観というものが展開される。
女性Voの歌メロの素晴らしさは個人的にも素晴らしい。
まぁ支持される理由は女性Voの歌メロを含め、
そのメロディの質の高さなんだろうけど。

サビの部分ではノリノリの#3や
EVA色が無いに等しい曲は好きなんだけど。
当然そういう曲ばかりがあるわけではないし、
残念ながら2ndのようなリピートしたくなるような曲も見当たらない。
#11はなぜかテクノ…。

#12~#16はライヴヴァージョンとなっている。
お客さんが結構盛り上がっているなぁという印象で
非常にやりやすい環境だったのではないかと。
やっぱり#13は名曲ですな。
#17、#18はオーケストラヴァージョン。


01.Here Come the Vultures
02.Your Body Is a Battleground
03.Stardust
04.My Masquerade
05.Tell Me, Mechanist
06.Sing to Me
07.Army of Dolls
08.Lullaby
09.The Tragedy of the Commons
10.Scarlet
11.Don't Let Go
12.My Masquerade
13.April Rain
14.Go Away
15.Sever
16.Stay Forever
17.Sing to Me
18.Your Body Is a Battleground



                         
                                  
        

GOD SEED/I Begin

category - ブルータルブラックメタル
2014/ 05/ 04
                 
I Begin -Limited Deluxe Edition-
God Seed
Indie Recordings (2012-10-29)
売り上げランキング: 879,562


ノルウェーのブラックメタルバンドでファーストらしい。
何でもGORGOROTHにいたメンバーで結成されたバンドらしい。

のっけからブラスト全開のブルータルサウンドで畳みかけ、
そういうサウンドに終始するのかと思いきや
途中でリズムチェンジしてミドルテンポの部分を入れて
不穏なメロディのサイケっぽかったり、
スペーシーだったり、7、80年代の
ハードロック的なオルガンだったりするシンセが特徴的で
禍々しく狂々しい世界観を作り上げている。
というかこのシンセがかなり頑張っちゃっていて
一部ではそのシンセの使い方がブラックメタルのサウンドとマッチしていないと
指摘されていたが確かに違和感はある。

その上、このミドルテンポの部分が結構長い。
むしろブラスト疾走の部分はあまりないと言った方がいいかも。
それどころかスローテンポでドゥーミーな一面もあったりする。
朗々としたお経コーラスも存在する。

先のシンセの使い方といい不気味さと言う意味合いでは
こういった演出はなかなかなんだが…。シンセの使い方が違和感あるなし以前に
ミドルテンポやスローテンポで聴かすパートや曲が多く
聴いていて正直退屈以外の何ものでもなかった…。
もっとブラスト疾走を頻度に混ぜてメリハリをつけた方のが
ダレずに聴けたと思うんだけど…?

Voはわめきというよりはどちらかというと吐き捨て型のデスVoと言った感じだろうか
(部分的にはわめきも使うが…)
かなり迫力がある。


1. Awake
2. This Form the Past
3. Alt Liv
4. From the Running of Blood
5. Hinstu Dagar
6. Diversion 1
7. Aldrande Tre
8. Lit
9. The Wound
10. Bloodline
11. Diversion 2